2010年06月29日

犬連れのメリット?ご近所にて

相変わらず、
人や犬に時々吠えて
迷惑をかけているムウです。


通行人に対して
何を基準に吠えているのかは
よくわからないのですが
近づいてくる人、
声をかける人は
もう100%アウト!

ほんと申し訳ありません〜。


そんななか
ご近所に住んでいる方、
特に子供たちは
ムウに興味津々。

吠えられようとも
ジリジリと近づいて来てくれるので
良い訓練になりそうです。


最近は小学生の女の子二人が
ムウを撫でてくれる段階まで
挑戦し続けてくれまして、
御陰さまでムウは、
まだビクビクしながらですが
お腹を見せたり、手を舐めたり。


でもやっぱり
思い出したように吠えたりするムウ。

ですが
「可愛い〜」と言ってくれて
可愛がってくれます

ううー、こんな小さな子供にまで
協力してもらえるとは。
有り難いかぎりです。


で、子供って。
よく、高くて大きな声を出しますよね。

それは犬が驚くからしないでね、とか
急に手を動かすとびっくりするから
ゆっくり動いてあげようねー、とか。

そんな話もしています。

女の子のうちの一人は
ご自宅でトイプードルを飼い始めて数ヶ月で
よく「キャン!キャン!」
という吠えが聞こえてきます。

それで苦労しているらしく、
「…うちのより、かわいい〜」
とポツリと呟いていました(汗

彼女の家のトイプーは、
小さくて、
フワフワしていて
人懐っこくて好奇心旺盛。

どうみても、
ボサボサで吠え吠えのムウより
可愛く見えるけど、、
とムウ側の家族は
思っています。

これが噂の
『隣の芝』、、ってやつですね?


そういえば、
犬を飼いたいと言ったのは
女の子自身だそうで、
躾やお世話も
彼女がメインでやっているそうです。

とはいえ、やはり子供ですし
たくさん本は読んでいる、と
言っていましたが
大人の助けはどうしても必要そうです。

時々お見かけする感じでは
洋服を噛んでひっぱったり、
飛びついたりしているので。

そんなことを
秘かに思っていたところ
どうやら、彼女のお母さんも
『お気に入りの服を
犬にやられた〜』
と伺いました。

あんなに小さくても
犬は犬。
歯がありますので
そういった被害は
あるんですねー。

ムウは、
服や靴、PC関連、コンセントなど
無関心でいてくれるので
そこは、とても楽な部分です。


さて、ある日
散歩に出かけようと
ムウを連れて外に出たところで
遠くから大きく呼ぶ声が
聞こえてきました。


「ムウちゃ〜ん!」

ちょっと離れたところにいた
時々撫でてくれる、あの女の子でした。


「あ、こんにちは!」
と私からも声を大きくお返事したら。


「ムウちゃんの、
おばっ…、
あっ、
・・・
お姉さぁーん」



いやー、
思わず道路で
片膝つきそうになりましたね。


小学生の女の子に
気を遣わせるとは。。。


でもせっかくなので
今度からもし良かったら、
名前で呼んでね、と提案しました。

なおかつ、「おばちゃん、は
やっぱりイヤなのよー」
と大人げない主張も
しておきました。


こんな風に
『犬がいなかったら
決して話をすることが
なかっただろうな』
という方々と
挨拶したり、会話をしたり。

これぞ犬を飼うメリットですよね。



ところで、
それから2、3日後に
夕方お散歩をしていると
道の向こうから、
とてもきれいなマルチーズ(たぶん)が。


それでムウが吠えたので、
リードを引いて、
私が片膝を地面について
落ち着かせるために撫でていると
どんどんと近づいて来ました。

真っ白くて、足先もきれいになっていて。


これぞ手入れの行き届いた、
品の良い愛玩犬、
という神々しいオーラが出ていました(^-^)


連れていた方は
もう70歳近いかな、という男性で
実は娘さんが飼っている、
やっと一才になった犬なんだけど、、
ということをお話して下さいました。


そして、
お散歩中におやつをあげると
犬がとっても喜んで
何回もねだられてしまい、
ついついあげてしまうけど、
そのために体重が増えてしまったので、
おやつのあげすぎが
ばれてしまって怒られた、とか
最近はトリミングで
綺麗にしてくれるから驚いた、とか。

まるで、孫の話をしているかのように
終始ニコニコ。


人でもペットでも
自分が世話をする、面倒を見る必要がある、
というものがいると
脳にもとても良いと聞きますが
本当に楽しそうで。



で、
そろそろ行きましょうか、
という感じになったところで
その男性が犬に向かって
「はい、行こうね、
おばちゃんにバイバイねー」
って!


私は先日のこともあり
「なんと!?ここでも?」と
一瞬固まったのですが
容赦なかったです、
ご丁寧にも重ねて
「ほら、おばちゃんに、バイバイ〜」
と言いながら
リードを引いて
犬を誘導していきました。


ムウの訓練のために
片膝をついていたのに
そこで両膝、両手も
地面についちゃいました。



ああ、逃げられないのね。。

小学生にお願いをしても
世の中が許してくれないのね。。


帰宅してから
すぐに缶ビール(第三の)
を開けました(笑)

まぁ、お姉さんでないことは
疑いないわけで、
これからは「年齢不詳」を
目標にしまぁす。


世の中での
自分の立場を
正直に知ることができるのも
犬を飼ったメリット、、?
posted by 玲樺(れいか) at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)

2010年06月24日

お気に入りの玩具(か?)

ペット用のぬいぐるみを
ムウがほぼ一撃で
ダメにするので
与えることを諦めてから、
タオル素材でできた伸縮性のある
「お風呂上がりの髪止め」が
ムウのおもちゃです。

(大物であればあるほど
嬉しいらしく。
ペット用のクッションシートや
フリースのブランケットなども
思いっきり振り回していますが…)

遊ぶ姿は
「可愛らしさ」というより
「ストレス溜まっていた?」
というくらいの勢いです。


スタートはこんな感じで、
まだまだ大人しいです。


$センター経由、笑顔行き-20100624_1

(ガジガジ、ガジガジ)


タオル素材を思いっきり
口にくわえていたら、
口の中がケパケパしそうですが、
ムウは全く気にせず。




$センター経由、笑顔行き-20100624_2

(てやっ!)

すぐにハイパーモードになれます。



$センター経由、笑顔行き-20100624_3

(えいっ、えいっ)

そうそう、その調子ヨ〜、
私が考える犬の遊んでいる姿は
それが理想なのよー!!
と、秘かに喜びながら
撮影する飼い主。

$センター経由、笑顔行き-20100624_5

(フンっ!)

ここまでに
撮影不可能なほど、
激しい動きがありまして、
首を左右に振ったり、
回したりして、
とにかくすごいのです。

で、一息ついて
立ち上がったのが、
さきほどの画像です。


寝て、唸りながら遊んでいるのも
なかなかの迫力ですが
立ち上がっている時が一番危なくて、
首を振り、獲物を振り回して
前が見えないまま歩き回ります。

どうやら、
遊んでいるところを
見せたい、というのが
あるらしく
振り回しながら、
さりげなく近づいてくるのです。
(ハイパーモードなのに
器用ですねぇ)


それが分かると
「可愛いねぇ」と
言ってあげたいとは思いますが、
それよりも
少しずつムウから避難するのが先。

で、安全確保してから
やっと
「可愛いねぇ、楽しいね」
なんて声をかけたくなるわけですが。


そうすると
頭にクッションシートを巻き付け状態で
振り回しながら近づいてくるのです。


周りが見えないくらいハイパーなのに
確実に少しずつ近づいてくるムウ。


コワい…。
posted by 玲樺(れいか) at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)

2010年06月21日

ノミ、ダニ対策

動物病院で
外耳炎のお薬をもらった際に、
フィラリアの薬と
ノミ、ダニ対策の薬剤も
一緒に処方して頂きました。

フィラリアの薬は
毎月飲ませるタイプなので
カレンダーにシールを貼って
忘れないようにしています。

で、ノミ、ダニ対策の薬剤は
犬の首の後ろ側(背中側)に
点けるタイプのもの。

一番最初にムウがやってきた時、
家から最寄りの動物病院で
処方されたものがあったので
それをシャンプーしてから
つけました。


で、次の分からを、
現在お世話になっている
隣駅の獣医科病院にて処方して頂き。


医薬品もメーカーによって
違う薬、薬剤を
製造、販売しているわけですが
新しく頂いた薬剤は
「フロントライン、プラス」

フロントライン プラスは
ノミの卵の孵化・発育まで阻止する
ダブルの効果で、
寄生中のノミだけでなく、
その繁殖・再寄生を予防、
ってところが、
ミソらしいです。



前に処方されたものは
「マイフリーガード」で
こちらは後発薬のようです。

なので、お値段は少しだけお安い、らしい。

どちらにしても
駆虫薬なので
身体への負担も心配です。


ムウの前の飼い主さんのところでの
環境や食生活などを考えると
体力や免疫力など、
心配な面もあるし、、。

とりあえず、注意点として
『投薬の最優先はフィラリア薬、
一週間以上あけてフロントラインを』、
ということも教えて頂きました。


というわけで
今はお散歩の時には
あまり草むらに入れないようにしつつ、
アロマスプレーを事前にして
忌避効果を狙っています。

幸い、このアロマスプレーのボトルを手に取ると
「あ、お散歩?」とわかるらしく
ムウは普通に
とことことやってきて
私の近くに座ります。

勢い良く、スプレー噴射してしまうと
吸い込んでしまうので
少しずつ、まず私の手にスプレーして
それをムウに撫でつけるようにして
やっています。

ノミ、ダニ回避だけではなく
水分を含むために
暑い季節は暑さ対策にも
なっているかも!?


どこのワンちゃんも同じだとは思いますが
これから、継続的に
身体の中に薬剤が入ることになるので
解毒についてや、
体調の変化など、
観察するようにしなくては。



それから
躾の成果かも?
と思うような変化も
ほんのちょっぴりあります。

顔も穏やかなことが
多くなったような。

先日はお散歩中に
見ず知らずのお兄さんに
「可愛いワンちゃんですね、女の子?」
と話しかけられました。

その時は、
妹も一緒にいたのですが
その男性は乗っていた自転車をわざわざ止めて
信号待ちしていた私たち、ムウに
話しかけてくれたのにびっくり。

(そして、その方に吠えなかった
ムウにもびっくり)


信号が変わると、
彼は左へと曲がって行きました。
(信号待ちを
わざわざする必要なかったのね!!!)


彼が去ったあとに、
「…ねぇねぇ?
これまでに
道で知らない男性から
あんな風に
可愛いですね、
なんて言われたことある!?」

と妹に言って、
二人で笑いました。



『そのまま処分されていたかもしれない、
センター収容の犬だった』
なんて、
思いもよらなかったようです。


これから更にたくさんの人に
好きになってもらえるといいね〜。
(その前に、
早く『悪魔犬』を祓ってもらいたい…)
posted by 玲樺(れいか) at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの健康、癒し
検索ボックス
 
カテゴリ