2010年07月19日

ムウ、朝のお勤め定着しました

毎朝、ムウにしている外耳炎のケア、
そしてブラッシング、
すっかり定着したようです。

普段はあまりオヤツをあげないように、、
という躾方針が
少し転換してしまいましたが、
さすがに耳ケアとブラッシングは
あまり好きではないだろう、ということで
終わってからオヤツをあげることにしています。

お散歩から戻り、少ししてからご飯。

お腹にものが入って
ムウの気分が少し(あくまでも少し…)
落ち着いたところで、
コットンに洗浄液を染み込ませて耳の中を拭き、
耳垢(?)がたくさんあるようなら
綿棒で手前の方を拭き、
そしてそれから塗り薬を指で塗ります。

これが両耳あるんですよねー。
なかなかスムーズにはいかないこともあり。


ムウは、
一つ終わる度に頭を振っています。


ですが。

『それをしたらオヤツがもらえる!』、
ということが
はっきりと分かってからというもの、
朝ご飯が終わってから
えらくキラキラした目で近づき、
こちら向きに座ります。
ハハハ…。


すぐに取りかかれない場合は、
オヤツが置いてある棚のあたりを
哀愁漂わせて見つめています


ブラッシングは
最初にプロも使っている、という
針金いっぱい生えている〜、なブラシを
使っていました。

名前がカッコいい、
「武蔵」という
スリッカー・ブラシです。

【送料390円3150円以上で送料無料】ステン・プロ仕様スリッカーブラシ武蔵ソフトタイプ中(M)

¥2,015
楽天



使ってみましたが
思ったよりも毛が取れないのと
力加減や梳かし具合がよく分からないので、
アンダーコートがしっかり取れる、
というものに
買い替えました。

『シェッドバスター』です。

【正規品】KPS(ケーピーエス)シェッドバスター

¥2,279
楽天



これがまぁ、
本当によく取れて!

お掃除も楽になりましたし
ムウも涼しく過ごせているようです。

それから、
一番良かったのは
これだと嫌がらずに
ブラッシングをさせてくれます。


こうして、朝の一連のお勤めを終えたムウは
やり遂げた感と気怠さを漂わせて、ひと眠り〜。


$センター経由、笑顔行き-20100719


ムウだって我慢はしていただろうけど、
動いているのは
私ですけどねっ!!



外耳炎は一時期よりは
かなり良くなりましたが
まだもう少し浄化は続きそうです。。
posted by 玲樺(れいか) at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの健康、癒し

2010年07月10日

ムウ、芸が荒れる

今では一応、
マテが出来たり、
コロリ〜と言うと
お腹を見せてくれたりするムウ。

が、
あまりにも
「オヤツ!」な気持ちが強くなると
ショートカットしようとします。

犬って、そういうところが
よくあるらしいんですよね。


ムウの場合、一連の芸の後に
私の膝の下をくぐる芸をするのですが、
オスワリの次に、
いきなりラストの芸をめざし、
膝下に向かって突進して来ます。

当然、私はただしゃがんでいるだけなので
私が足を少し上げて、
くぐれるスペースを作らないと
ムウは通れません。


なので、
ショートカットしても
ムウは通れないわけですが
くぐれない時は、
そのままイルカのように
私のサイドへ流れていって
綺麗に背後へと
スルーしていきます、、。


さて、そんなある日。

妹が遊びに来ている時に
マテ、をかけて
ジャーキーを置いていたのに、
フセの状態から
するる〜〜っ、と
さりげなくジャーキーに近づいて
バクッ!と食べてしまいました


「やや!?
いま、ヨシって言わなかったでしょ?
なんで食べたのあ?
どういうことかなぁ???」と
ちょっとお説教をしたところ
本人も分かっていてやっていたらしく
何となく反省しているっぽい感じ。。。


そして、そのお説教から
10分くらいしてから
改めてジャーキーを出して
マテをかけると。

な、な、なんと!!!

マテができるように修正されていて、
しかもしっかりと
私の目を見るようになっているではないですか!


目を見るようにしようと、
これまでも
あの手この手で誘導していましたが
ムウは毎回、『早い三拍子』で、
すぐに視線が移っていたのに〜。


あ、ちなみに三拍子というのは
<私、中空、ジャーキー>を
せわしなく移動する、
大変落ち着きのないリズムです。

これまでほとんど
飼い主の目を見ることができていなかった、
ってことです。


その辺りにつきましては、
昨日アップした記事の中の画像を
ご覧頂ければ違いがはっきり!




何が幸いするかわかりませんが
やっぱりちょっと頑固さというか
芯の強い犬の場合は
お説教がよく効くみたいです。

これまでも、お説教した後は
本当に良く躾が入りましたので。

システム的に、目を見るように誘導するよりも、
『きっと飼い主の目を見ないとダメなんだナ』、
ということを
犬自身がしっかりと理解して
そしてそう行動しようと
自らが思わないと結果に出て来ない、ってことが
よくわかりました。


そういうわけで、
躾や芸など、あとちょっとなのに、、
という時に
犬も「何だよー何が違うんだよー」
という感じがあるので、
その場面では
「もうちょっと、もうちょっとなんだヨ!?」
と優しく励まし、
全く違う場合には
「うん、それは違うんだよね〜」
と優しく指摘するようにしています。


犬と飼い主の関係を構築するのはもちろんですが、
犬はとっても脳みそを使うので
(あくまでも考えさせるようにした場合)
終わると、とっても疲労感があるらしく、
お散歩が短くなってしまった時や
雨で行けない時などにはとても有効です☆


さて、ショートカットしようとするムウの芸が
大変荒れているのですが
目を見ることを覚えて来たところを
どうぞ動画でご覧下さい〜〜〜(^-^)

マテ、のあたりは
かなり考えているムウです☆
posted by 玲樺(れいか) at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)

2010年07月09日

芸達者への道

ムウには、
せっかくの「がっつき根性」と
元気があるので、
飼い主との関係築くためにも、、と
芸を覚えてもらうことにしました。

オスワリだけは
最初から出来ていたので、
フセ、マテ、などの
基本的なところから始めてみました。

す、すると、
なんと毎日一つずつ覚えられるスピード、
しかもちゃんと
その翌日も覚えています。


根性をつけるために覚えた、
お腹を出す芸も、
今では毎日必ずするようにしています。

コレ以外に、
「玄関」と「ようこそ」という
隠れ技もあるのですが、
ちょっとずれた感じで
定着しております…。


うちに来て、
2、3週間くらいしてから
(5月に)覚えてくれました。

恐るべし、オヤツの威力!
posted by 玲樺(れいか) at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
検索ボックス
 
カテゴリ