2010年07月22日

ムウ、我慢してます

逗子の
ムウを含めた
沢山のワンコを保護されている
ボランティアさんのところで
初めてムウと会ったとき。

くるくるとテーブルの周りを動き続け、
隙を見ては、
匂いを嗅いで
美味しいものがないか
チェックし続けていたムウ。
(しかも時々、前足をかけていた)

犬たちをケアされている、
マユさんに伺ったところによると
きちんとエサを与えられていなかったために
人間の食べ物を
「ちょろまかす癖」があるという…。

ムウに限らず
こうした環境にいた犬達は
普段はとても穏やかで大人しくても
ご飯になると途端に
性格が変わったようにがっついたり
人間の飲み物を
(コーヒーや紅茶ですら)
飲んだり、
お留守番中にゴミを漁ったりします。


で、ムウの場合は保護されている間に、
ミカンの皮を剥いた時に出る
白いワタですら、
隙をついてテーブルから奪いとり
食べたそうなので
事故防止のためにも
くれぐれも
テーブルから離れる時には注意を、、
と教えて頂きました。


そういうわけで
うちでは、
座卓だったのを
椅子に座るテーブルに変え、
テーブルから
ちょっと離れても
大丈夫なようにしましたが
それでも匂いは気になりますのでね。

食べ物があると、
周りをウロウロします。


$センター経由、笑顔行き-20100722

(いったいそこに何がアルンスカ!?
旨いもんスカ!?)



ミカンとかお菓子とか
そういったものが
常にテーブルにある、
という家でもないので
すぐにそこは理解して
ムウもテーブルから興味を失いましたが
それでも、私が水を飲んでいるだけでも
うらめしげに見つめます。


食べている人を襲うこともありませんし
テーブルに脚をかけることも
これまでに数回しかありませんので
日々きちんとご飯がもらえることが分かって
安心できてきたのかな、と思います☆


その代わり、
台所に立つと、
「何か出す?」という期待で
とっても見張られますけど…。
posted by 玲樺(れいか) at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ
検索ボックス
 
カテゴリ