2010年07月27日

ビートパルプのこと:ドッグフード

お求めやすい価格の
ドッグフードの内容物として
よく見かけます、
ビートパルプ。

ビート(甜菜)って、
北海道に行くと
植えられているのをよく見ます。
砂糖大根とも言われていて
お砂糖の原料なのです。

で、その”搾りかす”が
ドッグフードに活用されているのですが
「食物繊維で身体によい」、
という説もあれば
「甘みは残っているので
犬の食欲増進のために入れている」とか
(糖分が多く含まれている場合は、
大量摂取によって
体内のカルシウムが溶け出すので
骨のためにも良くありません。
これは人間の健康でも同じ☆)

「薬剤を使って絞っているために
薬剤の残りを一緒に食べてしまうので
犬の健康に良くない」、
という説もあり。

ビートパルプについて
書いていらっしゃるブログ、
「ブリーダーの愛犬観察ノート」はこちら


他の素材に着いてはこちら

繊維を摂取することは、
基本的に、動物には大切でしょう、
が、
6kgのドッグフードが
3,000円しない価格で購入できる事実から見ると
明らかに最も大きな採用の理由は
コストパフォーマンスや
食いつきの良さなのかも?

食いつきがよくなければ
飼い主さんは購入しないですものね。


家で、飼い主である人間たちが
自分のエネルギーと肉体の波動のために
高い波動のものを食べているというのに
(ジャンクフードも食べますが)
飼っている犬に、
疑問のあるものを食べさせる、、
ってことはしたくないなぁ、
と思います。

ペットにも、
やはり健康で
何より元気でいてもらいたいですよね。

で、ウンチの状態を観察してみましたが
メジャーなドッグフードの時には
やっぱりあまり良い感じがしないのです。

見かけも雰囲気も。

なんていうか、
健康的な雰囲気じゃないんですよねぇ。

主観といえば主観ですが
ヒーラー目線で見ても、ということで。


手抜きであろうと
手作りのご飯の方が
変な臭さがなく。

ただ、ウンチの量は減っています。
普段の量は
ビートパルプ効果でしょうか?


とりあえず、
フードをなるべく安全なものにして
(高価なフードが必ず良いものとは限らないので
見極めが大変です〜)
時々手作りご飯、
でいくのが
犬にとっても
ご飯担当者の精神的にも良さそうです。
posted by 玲樺(れいか) at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの安全
検索ボックス
 
カテゴリ