2011年05月19日

不思議な夕方、不思議な名前

夕方、いつもよりも
ちょっと遅めの時間にお散歩。

いよいよ気温が高くなってきましたので、
今年初めて
晩ご飯後のお散歩です。

家を出てからすぐ、
近所の小学生(女の子)に
会いました。

ムウのことを
一生懸命理解してくれて
大きな声を出さない、
走って近づかない、
などのことを
守ってくれています。

とっても良い子で
しかも美少女なのです〜。


今日も、
静かに挨拶してくれまして
ムウもあんまり驚かずに
いられました。

…で、彼女の足下の地面を舐めたりしてる。
(そんなこと
もう、卒業してもらいたい)


さて。
散歩に出て
ハイテンションな雰囲気のムウ。

これはトイレに行きたいぜ!って感じだな、
と私は思っていましたが
女の子は、「犬が遊びで走りたいのかな?」
と、気持ちを察してくれたようで。

ムウを誘うように彼女が走り出すと
ムウもその隣を走る!!


おおー、絵になるねー☆


じゃなくて。
(この時点でのムウは、恐らく、
早くウンチしたいだけ…)

ムウのリードを持っている私も
もれなく後ろから全力疾走ですDASH!



どどー、っと走ることになりました。

まぁ、自転車に乗った妹と遭遇した時には
もっとすごいことになってまして。

自転車の後を
必死で追おうとするムウを面白がって、
妹が速度を上げ。

そして、走るはめになって
「やめんかー!」と叫ぶ私を面白がって、
更にどんどん自転車を漕ぐ、、
そんな仕打ちを過去に2、3回受けているので
小学生の女の子のダッシュくらいなら
まだ大丈夫。比べれば。

でも、しんどいことに
変わりはないんですけどね。

たまに猛ダッシュすると
身体に良い、ってこと、ないかな…。



さて、
彼女は家に帰るということで
分かれ道で、さよならをして
「さーて、散歩コースへ向かって
ムウはトイレだぜ』
と思ったところに
知らないおばあさんが
自転車で通りかかりました。


「おばあさんをやりすごしてから
通りの向こう側へ渡ろう」
と思って、
歩道の端っこによって待っていると。


すれ違う時に
ムウをじーっと見て、
一言。

「たろうまる〜」

って。


た、たろうまる!?


えっと?

きっとムウの毛の色が
柴犬っぽいからかな?

で、もしかして
昔、飼っていた犬を
思い出しちゃったのかな???汗

…でもムウは垂れ耳。

それに、柴犬なら
この辺りにすっごい沢山いるし。



おばあさん、
名前をつけるのが趣味とか???

分からん。
さっぱり分からん。


犬を散歩させている時に
驚くようなことって
犬以外でも、わりと沢山あるものですなぁ。
posted by 玲樺(れいか) at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
検索ボックス
 
カテゴリ