2012年10月31日

狐だ、わっしょい祭&事件(まさかの長編)

この季節限定、 草丈のある場所で ムウは大喜び。 昨日、カイロに行ったので ちょっと身体がだるいけど (調整に入ったのと、 整ったところで 本来のリラックスができるのか だるさが出たり、 ぐっすり長〜く眠れたりします) 今日は頑張って、 大きな公園まで お散歩〜〜ハート ムウお気に入りの 小さい山のところ(二カ所)に まず行きましたが あまりスイッチが入らず。 いよいよ、「狐モード」になる 草のあるところにGo!Running すると。 $センター経由、笑顔行き (わーっしょい、わーっしょい) エリアに入ってすぐ ムウの 「狐だ、わっしょい」祭が スタートしましたお〜 ↑の画像では分かりづらいかもしれませんが、 上に舗装された歩道がありまして、 ムウは、そこに向かって 斜面を駆け上っています。 歩道は、自転車やランナーが 通ることがあるので 歩道には入らないように リードの長さを確認しつつ、 斜面で運動してもらいますラスカル $センター経由、笑顔行き (あ、ちょっと行き過ぎかも)汗 リードを引っ張ると 斜面から一気に駆け下りてきます音符 $センター経由、笑顔行き (きゃっほー!) 動きは狐っぽいけど 耳が、、、。 狐じゃなくて ダンボになってきてますね笑 いやー、いい笑顔を してくれるようになったもんです。 苦節(ってことはないんだけど) ここまで二年半かーニコ 時々「うちの犬は散歩が好きじゃない」って 言ってお散歩させない人もいますけど、 犬だもの、散歩も運動も大好きなはず、なんですよね〜。 ムウも、犬の楽しさが分かって来て 良かったね! 最近は、家でプロレスごっこも 少し、できるようになったしキイロキラ $センター経由、笑顔行き (ダダダダダダダーーー!!!) 一度「お祭スイッチ」が入ると 斜面じゃなくても 草の中じゃなくても 「陸上部ですか?」と 聞きたくなるくらい、 短距離ダッシュを往復で 何度かしてくれますダッシュ 近くに、他の犬が居ない限りは、 これだけ楽しめるムウ花 さて、 この「狐だ、わっしょい祭」の最後の方で 『事件発生』したのです。えー そろそろ行こうかと、 私がバッグに デジカメをしまっているとき、 ふいに、私の背後から ランニングされている年配の男性が ヒュッ、と通りすぎられました。 草の中の、 獣道みたいなところを走って行く、 その男性の進行方向には ムウがいてーーあ 濁音 わわわっ!!!、と驚きつつも、 (リードを引っ張ると 私よりも前に男性がいるので引っ張れないし)と思い、 「ムウ、おいで!」と 呼んだのですが こちらに来ることもなければ 突然現れた男性に驚くこともなく、 そして、何故か男性を避けることもせず。 きゃーー、と ヒヤヒヤしていたら ムウのぎりぎり近くを その男性が走って通り過ぎました。 そ、その瞬間っ。 どういうわけだか 人見知り(というか怖がり)のムウが その男性のふくらはぎあたりに じゃれついたのですぎゃ〜 男性は、足を止めることもなく 振り返り ムウを見て、 次に自分の足を見ました。 走りながら。 私は 「ムウ!」と叫んでから 男性に 「スミマセーン!スミマセン!!」 と、ちょっと離れたところから すぐに、何度も謝ったのですが 男性はそのままランニング。 私のことを見もしません。 ・・・・ 怒ったのかしら? ムウは、 ちょっと立ち上がって 前足をかけた、という感じだったので 怪我をするレベルでは なかったんだけど。。 だ、大丈夫かしら?? 公園のその場所には ほとんど人もいませんでした。 男性は、歩道じゃなくて わざわざ草の中、 しかも、犬が居るすぐ側を 走って行かれるとは? それに、 どうしてムウは あの男性に前足をかけたの? 知らない人、特に男性がダメなのに。 私の頭の中には いくつか不思議に思えることと 心配なことばかり。 公園の中を歩きながら 「犬の被害にあいました」 なんて、 管理事務所にクレームが入っていたら どうしよう、とも 思いました。 出入り禁止とか、あるのかしら354354 その後、 公園を進んでしばらくしたところで さきほどの男性が こちらに向かって走っているのが 見えました。 どんなルートで走っているのか 全く分からないけど、 「とにかく彼のルートを邪魔しないように、、」 と、木の側に寄って行きながら すごいスピードで ムウのリードを短くしていると。 ややっ!?、 おじさんが どんどんこっちに来るんですけどー汗 私の前まで来ると 男性は足を止めて、 そして「さっきはスミマセン」と いきなり謝って下さいましたへ? 「歩道の方がちょっと道が悪くて 草の中を走ってて…」 えー!! いえいえ! 謝るのはこちらです スミマセン、スミマセン! いやー、 本当にスミマセン!土下座 男性は、更に お話をして下って。 「私も15年くらい前までは 犬も飼っていましてね。 ところが、数年前に 近所の小型犬に噛まれて以来、 恐怖があって。」 そう仰って、 ちらっとムウを見ました。 その時ムウは リードがかなり短めになって、 間近で立っている男性に 決して飛びかかれないように、 私が強くリードを持っていたのですが さきほどとは全く違い、 大人しく。 男性に近寄ろうともしないムウ。 男性は、どうやら 「いま、噛まれたのか!?」と あの瞬間、 咄嗟に思われたようです。 あの瞬間、 私が見たところでは、 オジサンは とても落ち着いていらっしゃるようでしたが、 実際には、過去の経験から ちょっとパニックに なっていらっしゃったのかも しれません。 ああ、そういう経験がおありでは 苦手にもなりますよね、 と相づちも打ちましたが それでもやっぱり、 (私にとって) 不測の事態とはいえ ムウを制御しきれなかったのは こちらですので、 ほんと、もうお詫びするのみー! 男性とお話しながら お詫びをして、 そして立ち去る時にも 謝罪の言葉をお伝えしました。 ランニングの本気の格好をして ものすごい汗をかいて それが滴り落ちているオジサン。 すごいスピードで走っていらっしゃる男性が わざわざこちらまで 近寄って来て下さって しかも、まさか苦情ではなく 謝って下さるとはううっ... 申し訳ない気持ちで、 お話をさせて頂いていたので、 ずっと一杯一杯だった私でしたが (ああ、これは感謝しないといけないんだ)、 と最後の最後に気がついて、 「じゃ」と、 走り出した男性の背中に向かって 「ありがとうございます〜!」と 慌てて、大きな声でお伝えしました。 (ちょっと変かな、と思いましたけど、 そこはやっぱり言っておく。) わざわざ、あちらから 言って下さったんですものね。 これはもう感謝です。 今後、 ムウがもっともっと 公園で楽しく遊べるようになったら 今以上に気をつけないと、と 学ばせて頂いた事件でした。 (前半は、走りよる複数の保育園児たちを 上手に避けて、 あちらの先生とも良い感じで コミュニケーションできたんだけどなー。 もうちょっとでした。。) オジサン、 本当にスミマセンでした! そしてありがとうございました薔薇 それともう一つ。 尊重してくれる心や 謙虚さ、というものは なんて素晴らしいんだろう、ということも 改めて体感させて頂きました。 「戦争を憎む気持ちから平和は生まれない」 という言葉を 聞いたことがあります。 「平和は平和を愛する心からしか、生まれない。」 憎んだり、嫌ったり、 そんな感情も 人間だったら抱くのも自然ではあるわけですが、 それでも、 もしも、 『平和』や、『愛のある世界』や、 『思いやりの溢れる世界』を望むのなら、 例え、 相手が悪人であっても 許せないような人であっても、 それに対して ネガティブに執着しているうちは 決して、 望む世界を作ることも近づくことも できないのでしょう。 (わお、ここだけ突然スピっぽい☆) 犬に対して恐怖のある方に 人(男性や、知らない人)に対して 恐怖のある犬。 恐ろしいほど見事な キャスティングを してもらいました。 <おまけ> $センター経由、笑顔行き (妖精がいそうな場所がありました) ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2012年10月28日

ムウのお仕事

こんにちは、ムウだヨ。 $センター経由、笑顔行き 昨日、沢山のお客さんが 「ケンシュー」っていうのに 来てくれたんだ〜。 ムウは、お客さんに 「こんにちは」と「また来てね」をする お仕事があるんだヨおんぷ お客さん、大好きだから 張り切ってスタンバイしていたんだけどサ。 お出迎えで ちょっと吠えすぎちゃったり、 手荷物チェックを 何回もしちゃって。 その度に 怒られちゃったてへ せっかく、お客さんが 沢山いたのに、 み〜〜んな、 あんまり遊んでくれなくってね、、、。 ムウ、寂しかったし なんか、暇だったのむーん あ、それと! ケンシューをしている人は オヤツが出るんだってキラキラ だからね、 「ケンシュー」っていうのに、 ムウも参加したんだヨおんぷ $センター経由、笑顔行き (こらーーー!!) ケンシュー、 あったかいねぺこ でもね、 ムウね、、 オヤツもらえなかったヨううっ... また、あるといいな、 ケンシュー。 土曜日は スピリチュアルのお仕事で、 レイキというハンドヒーリングの 研修会(不定期開催)でした。 ペアごとにヒーリングをしたり 皆で一列になって ヒーリングをしてみたり。 そんな有意義なお時間をお過ごしの、 一生懸命な皆さんの手を ムウが舐めたり 真っ正面で見つめたり お尻をくっつけてみたり。 そしてついには お客さんの椅子に 先に座ってみたり。 ムウはたぶん ムウなりに一生懸命しているのだとは 思いますが…。 かなりお心の広いお客さんだけしか もう来てくれない予感(以上のもの)がします。 恐ろしくて、 この画像をスピブログには アップできませんガクリ ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 17:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2012年10月24日

わんぱくじゃないんだけど

今日も、大きな公園では 本物のわんぱくだらけでした。 幼稚園だけじゃなくて 小学校の低学年らしい子供達も 赤と白の帽子を被っていました。 その、 低学年らしき子供達の中の 一人の男の子が イベントエリアから 少し離れたところにいまして。 その子はずーーっと、 ムウのことを見ていて とってもムウを触りたそうにしていたのですが。 授業中だろうし、 迂闊に近づけてしまうと 他のコも寄って来たくなってしまうかも、、と思って、 ちょっと大きめに、 その子がいるところを 避けて通ったのです。 だけど、 通り過ぎた時に、 「かわいい〜」と 笑顔で言ってくれました。 それがとっても素敵な笑顔で。 澄んだ、綺麗な瞳で言ってもらえて。 とっても魅力的なお坊ちゃんでした。 (「子供」から ぐぐっと格上げされました。笑) 将来が楽しみねー薔薇 感じたことや思ったことを 素直に表現される、 素敵なご家庭のお子さんなのかな〜?ぺこ ほのぼのした気分を味わいつつ。 ムウにしてみたら こんな風に、 人から良く思ってもらったり 言ってもらえたりすることが もしかしたら 「体験できなかったかもしれない」ことだったと思うと なんというか、感慨深いです。 手放す人間側の理由は 色々とあるのでしょうが、 何よりも こうしている間にも 新しいお家を待っている動物達がいるわけで。 しっかりと、 新たなご縁が繋がることを 心から願っています。 そういう動物達が いるんだ、ということを とにかく知ってもらえれば ペットを飼おうと思ったときの 『選択肢』に、なれますよねLOVE 存在にすら 気づいていない人も まだまだ多いと思います。 さて、わんぱくだらけの公園だったので 広い場所にいても 思ったより、 走り回りスイッチが入らなかったムウですが (大好きな、小高いところにも 行かれず…) 最後の最後に 『ムウの頭が出るかな』くらいの丈に 草が生い茂ったところで なぜか、いきなりスイッチが入って、 ピョンピョンと弧を描くように 飛び走っていましたなっ・・・なんと! デジカメ持って行かなかったので 撮影できませんでしたが その様子を見て、 私は思わず 「狐だー!狐がいる!」 と叫んでしまい、 一人で笑っちゃいましたっ変投げKISS ムウは 落ち葉の積もったところを カサカサ言わせて 走るのも好きですし〜。 どうやら 手入れの行き届いた公園よりも ああいう、ワイルドな自然が 好きなようです。 せっかく出かけて行ったんですからね、 最後に、どうにか はしゃぎ回れて良かったねーおんぷ と、帰宅したら。 $センター経由、笑顔行き あれれ? 右目の周りに 沢山の雑草の種がっえ゛! $センター経由、笑顔行き (きりりっ) きりりっ、として見えますが、 あの、眼の上のラインに見えるのは 沢山の種がくっついているから!!泣 数えてみたら 10個近くありました。 身体にも やっぱり何個かついていて、 お風呂場で ムウを洗ったら、 いくつか自然と取れてました。 目から、一番遠いところになる、 弧を描いた毛の先端に くっついている種を 試しに手で取ろうとしてみたのですが か〜なりガッチリくっついていて。 ムウの牙が、 ピクピクッと動いた口の脇から 出てしまいました。 これは、やばい〜。 強行したら 久しぶりに流血かも、です汗 (ギリギリ、 噛まないように ムウが我慢しているらしいところは 評価しておいてあげましょう) 数も多いので ここはハサミを使って 切ってしまう方に 挑戦です。 これはこれで、 流血の可能性があるのですが??? 注意深く、 手で毛先を挟んでから チョキチョキ。はさみ $センター経由、笑顔行き はい、こんな感じで 切り取りまして。 どうにか、全部の種が 取れました。 ムウ、良かったですね、 これで、確実に 頭で雑草が発芽しないですよ。 $センター経由、笑顔行き (しょぼーん) あれっ!? 左右のスタイルが違うことに 気づいたのかもしれませんね。汗 もう一度、危険を冒して 残りの片方もカットするかどうか もう少し考えさせて下さい苦笑 ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 16:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々の徒然
検索ボックス
 
カテゴリ