2014年02月28日

術後、もうすぐ二週間

ムウの術後、 患部付近に集まり 溜まってくる漿液が 思ったよりも大量になり (抜糸後に傷口が開いたので) 今週は毎日通院して排水。 そして、傷口には ガーゼを当てられ、 ぐるぐるっとテーピングで留めて 過ごしています。 何だか 極道の犬って感じです目 ここから若干、 傷口&縫い目など登場しますので 苦手な方は 上手にスルーなさって下さいお願い 深夜、多少のうろつきが見られ 朝は完全にウロウロモード。 ムウが座っているところを見ると (28日、金曜日の朝) タプッ 下腹が垂れて 床についています。 これが、漿液が溜まっている様子で、 今週の頭には もっとすごく大きく腫れて 垂れ下がっていたので 漿液の溜まり方は 少しずつながら、改善されてきているようです。 テープ越しに、 漿液がにじんでいます。 (縫い目や周辺の皮膚の色が、 随分と薄くなって来ました。) 『漿液は、 傷のあるところを修復しようと 体内の液体にのって 必要な細胞が集まって来ているもの』 ということなので 漿液が集まってくるのは必要ですし 大切な反応なのですが 集まり過ぎてしまうと 傷口に負担がかかります。 また、余分な水分を再吸収して 運び去るスピードが 追いつかないと 今回のムウのように どんどんと 水が溜まったことによる膨張が 大きくなってしまいます。 今日も、病院へ行って 先生に排水、消毒してもらったら 漿液が漏れているところに テーピングをし続けてきたので そろそろ、皮膚がかぶれてきて無理、 と判断。 今日から テーピングではなく ガーゼを当てて その上から腹巻きをして いくことになりました。 これで 「さらしを巻いた」状態とも お別れです。sei なかなかガーゼが お腹のところで 留まってくれないので 術後服のように 伸縮性のあるシャツをカットしたものを ムウに巻き付けてみました。 どうしても、ずれてきていしまうので ガーゼがちゃんと 患部に当たっているのかどうか汗 抗生物質入りの軟膏を 処方されたので 傷口に塗って 化膿しないように注意していかなくちゃ。 ここまで来て 症状悪化させたくないですもんね。 テープかぶれと カラー装着生活で ストレスのムウですが もうちょっと 頑張りましょうね。 ウンザリっす 大変なのは分かるけどね、 その分、ご褒美も もらっているでしょ? オレンジのヒゲ? ご褒美は 人参ジュースでしたにんじん 明日もまた病院に行きますが 順調ならば 来週は隔日での通院で 大丈夫になりそう、、、です。 なお、昨日、 排水に行ったところで 丁度、病理解析の機関から 結果がファックスで届いたところ、 ということで 結果と、内容について 先生から伝えて頂きました。 病理解析で人気の先生のところに 依頼しているそうで、へぇ 二週間弱、かかりました。 乳腺腫瘍と、 子宮、卵巣の解析で すべて良性と判断されました。パチパチ 皆様に応援して頂いた御陰です! ありがとうございます!!感謝 <報告書に記載されていた名称> 子宮;び漫性、子宮内膜過形成    腺筋症 卵巣:著変なし 左尾側乳腺組織;乳腺良性混合腫瘍 右最後乳腺組織;リンパ管腫 説明の文章と、 顕微鏡で撮影された細胞の写真などが 印刷されている報告書でした。 いわゆる「しこり」が 出来ていたわけですが 出来る体質、というのも あると思いますので 今後少しでも出来ないように 健康に注意していこうと思います。     四つ葉 四つ葉 四つ葉 ACについて 四つ葉 四つ葉 四つ葉  ハートAアニマルコミュニケーション承りますハートA ACセッションは スカイプ、またはお電話で承ります。 ご本人が飼っていらっしゃる、 または 以前に飼っていらっしゃって、 今は天国にいるペットを 対象に承ります。 1セッション(二匹まで) 60分 / 5,000円 *お支払いは、事前のお振込で お願い致します。 *スカイプの音声や状況が悪い場合は お電話に切り替えとなり、 こちらへおかけ頂くことがあります。 詳細は、サイトをご覧下さい。 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 19:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 偽妊娠&乳腺腫瘍?

2014年02月25日

漿液、また排出

昨日、動物病院で お腹に溜まった漿液を出して (しかも抜糸後に暴れて 一カ所、出口ができちゃって) 傷口に絆創膏してもらって 帰宅しましたが 夕方からムウの様子がおかしくなり、 鎮痛剤と胃薬セットを服用しましたが 一晩中、ほとんど座っているか、 時々キャン!と鳴いて 小走りしていたムウ。 ムウも不安があったり 気を紛らわせたいらしく 私に擦り寄ってきて座るので 背中を優しくさすって 夜を過ごしました。 傷口があるので 痛いのはしょうがないと 思っていましたが ムウをよく見てみると ちょっとだけ お腹がタル〜〜ンと なっているような気がして 二日連続になりますが お昼前に またまた動物病院へ行って来ました。 ハヒー、ハヒー。 待っているだけなのに 呼吸荒過ぎ! 診察の順番がやってきて 診察台に上がると 先生がムウのお腹の下に トイレシートを敷いて。 絆創膏を外して。 立たせた状態で 様子を見てくれるのかな?と 思ったら いきなり シャバーー! と、ムウの傷口から 大量の漿液が出て来ました。 おお、びっくりびっくり 溜まっていた水分を 先生が傷口から出るように 誘導した結果、 トイレシートレギュラーサイズが たっぷりオシッコしたくらい、 漿液吸収。 (今回も濁りはなし) 時間をかけて注射器で出さなくても いっぺんに排水できました。 ドレーン(管)を差し込んで ポタポタと出るようにする方法もあるそうですが その場合はやはり そこから感染する可能性が高くなるので 基本的には 数日おきに、 動物病院で処置をして頂くのが 良さそうです。 漿液を出していくと 次第に溜まる量は減って行くそうですが やはり、日々 自宅での様子や お腹の変化など こまめにチェックして 異変があれば すぐに病院へ行くのが一番。 ムウが 突然「いたたっ!」と 小走りする行動は まだありますが。 ご飯、睡眠、お散歩に対しての 意欲と反応が しっかりしているので ちょっと安心ですね。 ムウ、 昨夜はほとんど寝ていないし。 お腹に傷口、 中には漿液が溜まっているし。 病院に通うストレスもあるし。 ムウ、 大変だけど 頑張っているなー。 と思いながら ぐいぐいリードを引っ張って 病院から 必死に逃げ帰るムウと 歩道を歩いていたら、 突然、ぐいっと左へ ムウが向きを変えました。 いきなり道路に はみ出さないように 私はリードを強く持っていたので 行きたいけど行けないムウ。 「あっ、お腹が痛くて トイレもしづらかったから 土のあるところに 行きたいのかな?」涙 と思って ムウを見てみたけど。 ん〜? ちょっと違うみたい? なに? 何ですか? あっちに行きたいの? そんなに必死に? オイシイ匂いが するんデス〜キラきゅんっ あっ。 お豆腐屋さんから オカラを回収しているトラックが 丁度隣に停車していたビックリ 写真を撮った時には ムウは四つ足ですが 最初、二本足で立ち上がっていました。 ムウ、あなた もしかすると とっても元気なんじゃ…G     四つ葉 四つ葉 四つ葉 ACについて 四つ葉 四つ葉 四つ葉  ハートAアニマルコミュニケーション承りますハートA ACセッションは スカイプ、またはお電話で承ります。 ご本人が飼っていらっしゃる、 または 以前に飼っていらっしゃって、 今は天国にいるペットを 対象に承ります。 1セッション(二匹まで) 60分 / 5,000円 *お支払いは、事前のお振込で お願い致します。 *スカイプの音声や状況が悪い場合は お電話に切り替えとなり、 こちらへおかけ頂くことがあります。 詳細は、サイトをご覧下さい。 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 14:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 偽妊娠&乳腺腫瘍?

2014年02月24日

抜糸、二回目で/備忘録

<今回も病院、手術などの 話題がメインとなっております…> 手術の後の抜糸は 段階的に、、 ということで 手術から丁度一週間経過した本日、 二度目の抜糸に行って来ました。 (前回は、術後三日目) まだまだ寒いからか、 足腰のトラブルでお灸をしに来ているコと、 どうやら乳腺腫瘍らしく 手術するか、 少しお薬で様子を見るか、、と 悩んでいるコが居ました。。 手術は受ける日だけじゃなくて 数日間は入院ですし その後のフォローが必要なので。 お家の方のご予定と 合わせる必要がありますね。 「参考に、もし大丈夫だったら」と 先生に訊かれて 乳腺腫瘍の手術をしたら どんな感じになるのか、 「ムウのお腹」を 見せてあげることになりました。 術後、一週間だから まだまだリアルな縫い跡でしたけど、 大丈夫だったかなー汗 腫瘍(しこり)は、 突然大きくなったりすることもあるので こまめに様子をよく見てあげることが 必要とのこと。 飼い主さんは毎日目にするので 変化にも気づきにくいかもしれませんし また、本当は気づいているけど 「何となくだけど。 変化しているのかも…?どうかな?」 と、確信が持てないと 獣医さんに言いづらいかもしれません。 何か大きさを比較できるものを使うとか、 写真を撮るとか、 出来る限り、 しっかりと観察できるようにすると 安心かも。 さて、抜糸の手順なるものが あるそうで。 いっぺんに抜糸をしてしまうと 腹圧で、 折角くっついたところが 開いてしまうこともあるそうなので 皮膚が付いているところを ひと針ごと、とか 上から、とか 様子を見ながら 2、3回に分けて抜糸。 最終的には 二週間くらいで すべての抜糸が終了する予定です。 お腹を診て頂いたところ 少し中に水(漿液)が溜まっている、 ということで 注射針を使って お水も抜いてもらいました。 術後、3、4日目までは 外に漿液が出ていて。 抱っこすると、 私の上着の袖が少し濡れていました。 「濡れなくなってきたなぁ」 と思っていたら 皮膚がくっついてきた御陰で 中に溜まっていたんですねぇ。 結構な量の漿液があって、 繰り返し、注射器で 出されていきました。 ちょっと長い処置時間を、 スタッフさんの膝の上で お腹丸出しして、 (先生二人がかりの排水作業) ムウ、頑張りました。 漿液には、濁りはなくて (=膿が発生していない) 経過は良好のようです。 水を抜いてから 5カ所くらい(かな?) 抜糸してもらいました。 そして、折角なので お腹を後ろ足で掻く仕草を することがあるので 一応、爪に やすりをかけてもらったのですが。 その際、 ムウが大暴れをしてしまい、 抜糸をしたところ、 傷口が開いてしまい ガーゼで覆ってもらいました。 結果的に 取りきれなかった漿液が 外に出るという「収穫」はありましたが お腹にでっかい絆創膏を 貼ったような状態と なりましたてん 数日後にまた改めて、 傷口から 漿液が出ているのかどうか (もしくは 内部に溜まった漿液を出すか) 再度の受診と処置となります。 これだけ頻繁に 動物病院に行くと 馴染むどころか 回を重ねるごとに 回避行動の強さと 心臓バクバクの激しさが 増しているような〜。 ムウ、 お疲れのようで 帰宅後すぐに バッタリ。 床暖房で お腹を暖めているんでしょうか? 乳腺腫瘍をゾーンで切除したので 後ろ足の付け根あたりから 肋骨の下あたりまで ずっと縫ったところがありますが、 またこれから少しずつ、 着実に抜糸をしていって。 そして早く カラーが外れるといいねー虹 (もう完全に目的が変わってる)     四つ葉 四つ葉 四つ葉 ACについて 四つ葉 四つ葉 四つ葉  ハートAアニマルコミュニケーション承りますハートA ACセッションは スカイプ、またはお電話で承ります。 ご本人が飼っていらっしゃる、 または 以前に飼っていらっしゃって、 今は天国にいるペットを 対象に承ります。 1セッション(二匹まで) 60分 / 5,000円 *お支払いは、事前のお振込で お願い致します。 *スカイプの音声や状況が悪い場合は お電話に切り替えとなり、 こちらへおかけ頂くことがあります。 詳細は、サイトをご覧下さい。 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから ペタしてね読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 偽妊娠&乳腺腫瘍?
検索ボックス
 
カテゴリ