2016年06月16日

ワンちゃんのご飯、飼い主さんの疑問

こんにちは、玲樺です。 ご訪問、有難うございます花 <ちょっとお知らせ> ワンコワンコ整体体験ワンコ 出張のワンコ・ヒーリング、 またはAC(ワンコ)を 受けて下さったワンちゃんには ”ワンコ整体”の体験(無料)を 受けて頂けます。 **セッション(人&ペットさん)の 合計金額が 8,000円以上の場合に 出張致します** ワンコ整体の体験キャンペーン、 詳細は”こちら”から わんこ わんこ わんこ わんこ わんこ 先日、イベント出展した時、 ACセッションも二件承りました。 そのうちの一件が とても興味深かったので 飼い主さんにご承諾を得まして、 ブログでご紹介させて頂きます肉球 快くOKして下さったY様、 本当に有難うございますワンコ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 飼い主さんのご質問は お家のワンちゃん、Rちゃんの ご飯のことでした。 普段は、Yさんがご飯を出していますが 外出して遅くなる日には ご家族にお願いして Rちゃんにご飯(同じもの)を 出してもらっています。 ところが、 ご家族がご飯を出すと食べない。 ご飯の時間に出しても まったく手をつけず、 ご飯にトッピングをしても やっぱり食べない。 お腹が空いていないのか、 というと そんなことはなく Yさんが帰宅してご飯を出すと しっかり食べる。 Rちゃんが ご家族のことを嫌いとか 苦手とは思えない、、、。 一体、 どんな理由があるのでしょうか、 というご質問。 ほとんどのワンちゃんにとって ご飯は楽しみの一つ。 うちのムウなんて 4 食べ物のためなら 土下座も出来ますケド? Yさんからだけ、ご飯を食べるのは どんな理由なんでしょうねぇ??? なかなか不思議なことね〜、 と思いながら コンタクトを取ってみました。 Rちゃんは とっても可愛らしい性格の 女の子でした。 初対面 (エネルギー的な次元のことですが) にも関わらず ニコニコッと 私に微笑んでくれました。 ご飯のことを知りたいんだけど、、 ということを伝えると Rちゃんが 「一緒に食べよ?」 と可愛く言っているのが 伝わってきました。 そして、ずーーっと 玄関の扉を向いて 待ち続けている Rちゃんの後頭部が 見えました。 お腹が空いていないわけでもなく、 お家の人が嫌いなわけじゃない。 ただただ、Yさんと 一緒に食べたいと思っていた RちゃんらぶA その感じは 「今日のお弁当、 一緒に食べようね?」 とか 「学校に一緒に行こう?」 とか。 そんな感じで 幼稚園や 小学校の低学年の小さい女の子が 愛情をもって優しく誘う感じと とてもよく似ていました。 食べようね! じゃなくて 食べようね? ニュアンス、雰囲気が、 もう、とっても優しい〜〜キラきゅんっ Yさんに尋ねてみると お出かけする時には ちゃんとRちゃんに声をかけるそうですが 「すぐ帰ってくるからね」とか 「今日はちょっと お出かけしてくるからね」とか まぁ、そんな感じの言葉だそうです。 うんうん、 よく分かります! ”早く帰ってくるから 心配しないでね”、 という気持ちなんですよね。 私も、 自分がACを受けたり 学んだりする前には、 それほど深くは考えず、 そんな風に声を掛けていたと 思います。 でもね。 お家で待ち続ける ペットさんにとっては (小さいお子さんも) その『ちょっと』とか『早く』という 時間の感覚が分からない。 勿論、時計の読み方も分かりませんし、 世の中の仕組みや 大人の用事、 場所についても分かりません。 スーパーに買い物に行く、 お昼間だけ お友達とのランチで外出する、 ちょっと遠くまで行くから 帰りは遅くなって 暗くなってしまう、等々。 お出かけは種類が色々です。 なので、 お出かけ前に 掛けてあげる『言葉』を変えたり、 もう少しだけ、 詳しく教えてあげたり、 または ご家族がいらっしゃるなら その方に、 頻繁に「まだだよ」と 言ってもらったりしないと このRちゃんのように 「まだかな、まだかな」 と、ずーーっと 玄関を見つめて 一日過ごすことに。 そんな状態のワンちゃんを、 『飼い主冥利に尽きる』、 と思う方は、 (このブログをご覧下さる中には) きっといらっしゃらないと 思います苦笑 『夜のご飯までには 帰ってくるから 一緒に食べようね』、とか 『夜のご飯には 間に合わないから 先に食べててね』、とか 色々な言い方があるかと思います。 (ペットの皆さんは 恐ろしいほどに、 ご飯タイムを 知っていますよね!?) お家のペットさんが どういう説明なら 分かるのか、 理解してくれるのか、 色々と考えてみる工夫が 必要です。 (帰宅が遅くなることもある場合は 遅くなった方を 基準にして 説明しておいたほうが 良いかと思います) 新しい声掛け(簡単な説明)を するようにしても、 ペットさんが それを理解出来るまでには 何度か繰り返す 経験が必要です。 それでも、確実に 理解していってくれるはずです。 普段からよく声を掛け、 説明をしている、という方も 多いと思いますが、 もう少し、 細かめに、使い分けするようにしたら もっとペットさんが 過ごしやすくなるかも しれませんねワンコ 可愛いRちゃん、 もう一つ 教えてくれたことがあるので 次回の記事に続きます。 今日も最後まで お付き合いくださり ありがとうございます! すべての生きとし生けるもの すべてのエネルギーが 輝きと美を表現し、 尊重しあう 愛と調和の中にいますようにsei Everything is fine. ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ  =========== アニマルコミュニケーションの お申し込みは、 こちらの 『お申し込みフォーム』からどうぞ☆ =========== ハイビスカスペットさんとご家族の橋渡し 『アニマル・コミュニケーション』 50分/5,000円 80分/8,000円 基本、スカイプ(音声のみ)で行う セッションです。 『アニマル・コミュニケーション』の 詳細はこちら☆ ・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから 読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | アニマル・コミュニケーション(AC)
検索ボックス
 
カテゴリ