2010年04月20日

里親への道4

『里親への道』が
続いています。
ブログでも、実際の生活でも。

その歩みのなかで、
最も影響が大きかったのは
犬を保護し世話をしながら
里親探しをされている、
マユさんと、
やり取りさせて頂いたメールでした☆

私は、今回が初めての
犬を飼う経験となるのですが
「犬を飼った経験がない」というだけで、
保護親さん枠から、
はじかれてしまうんじゃないか?とか、
いや、そもそも
本当に自分はしっかりと飼えるのか?
(これは、本当に
飼ってみないとわからないけど)とか。

ご連絡差し上げる
その前の段階からずっと
自分でも不安な気持ちは
ありました。


ですので、メールで
『犬を引き受けたい』
という熱意は伝えたいものの、
『是非お願いします!』
なんてことを
はっきりメールに
書けないままでした。


ビクビクした雰囲気が伝わったのか(笑)
マユさんから折り返しで頂くメールは
毎回とても私を穏やかにしてくれ、
そして、私自身が思っている以上に
犬を譲ってもらいたい、
という気持ちを
より強いレベルに
押し上げてくれました。


本当に不思議で
素敵な女性です☆


このブログをご覧下さっている、
複数の方から、
『この保護親さんのメール素敵〜』、
というお言葉を頂きましたので
ここで総集編を(^-^)


まずは、
『自分が初心者なんですが、、』
と書いた後に頂いたメールです ↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
犬の飼育経験の有無に関わらず、
結局は責任感だと思っています。
「最後まで何が何でも面倒を見よう」
という気持ちさえあれば、
きっとどんな犬でも
大丈夫だと思います。

とは言え、やはり経験していない事だと
いろいろと壁にぶつかってしまうかも
しれません。

そこについては、
保護犬だろうと
ペットショップから
子犬を買って来ても
ある事だと思います。

私はプロではありませんので、
分かる範囲になってしまいますが
疑問などにお応えしていきたいと
思っていますので、
なんでもおっしゃってくださいね!

一緒に悩むだけになってしまう時も
あるかもしれませんが…。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このお返事を頂いて、メールを読んだ時には
本当に嬉しくて、
「わぁ〜い!」と
大声出して喜びました。

日中に一人でねっ。(ちょっと怖い!?)



そしてそして。

今度は、実際にお会いして、
ワンちゃんにも
面会させて頂いた後のメールです。

ワンちゃんが複数回、
うちのダンナさんに
吠えまくっていましたが
(でも飼いたいし〜)、、
という文章へのお返事です。 ↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
確かに、御主人さまへ
吠えていたのが
気になりましたね。
心配にさせてしまったかなと
思いました。

ですが、
言わば初日ですので、
あんな感じが
続くわけでは無いと思います。

きっと麦(ワンちゃんの仮名です)
にしてみれば、
「この人優しいのかな?
怖いのかな?こっちに来た!」
みたいな感じかと思います。

実際にお家に迎えられたら、
どんどん良くなっていくと思います。

私どもとしても、
貰って頂けるなら
とてもうれしいです!

生まれた時から
犬と暮らしている人もいれば、
そうでない人もいます。
私も、子どもの頃から
動物と暮らしていたわけではありません。
たった6、7年といったところです。

御主人さまと暮らし始めた事、
今までの生活や好みの違いなどに
驚いた事はありませんでしょうか?

犬も、そんな感じです。
(そして時間が経てば経つほど
犬との生活の方が楽です。あ、わたしは。)

ダメなものはダメ、これは良し。
とルールを決めてお互い気持良く、
調度良くなるように
していけば良いのだと思います。

おっしゃる通り、
のんびり構えていれば大丈夫です。

むぎにとっても
環境が変わる事は
少なからずプレッシャーです。
慣れるまでに
時間が必要になるかもしれません。
(今日見た限りでは
全然大丈夫そうでしたが)

そういう時間も、
楽しんで過ごして下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


うーん、ほんわか☆

何度読み返しても
彼女の持つ雰囲気や
空気感に癒されます〜〜(^-^)

これから実際に里親として
一緒に犬と暮らし始めてからも、
時々読み返して、
勇気をもらえるような気がします。
(なので、ブログに記録しておこう、、
というわけ!)

そしてその度に、
マユさんの
ブルースカイのようなナチュラル感と、
どこまで広さを感じるような
魅力的な笑顔を
思い出すと思います。


普通に犬を飼ったことがある、
という方でも
もしかすると
保護された犬を飼うことに
ためらいを感じて、
躊躇されていらっしゃる方が
いらっしゃるかもしれません。


でも、何か不思議なご縁で、
このブログでご紹介したマユさんのメールで
「行動に移してみようかな」、
と思って頂けることが少しでもあれば
私もとっても嬉しいです



今回も
こんなに素敵な方々&ワンとの
出会いができて、
ガイドやハイアーセルフに
心から感謝しています〜。


追記/先日伺ったお話ですと、
こちらの保護親さんのところでは
里親希望の方とは、
まずメールで最初に
もちろんやり取りがありますが、
その後に必ず
直接電話でお話をされるそうです。

そして彼女の「嗅覚」によって、
OKが出た場合は
ワンちゃんとの直接対面へと進むそうです。

というのも、
犬との相性や
実際に飼う気持ちがあるかどうかなどの
見極めもありますが、
営利目的の繁殖のために
犬を引き取りたいという方もいるとのことで。

希望者だったら誰にでも犬を渡す、、
ということはできないためです。

営利目的の繁殖を無理に頻繁に行い、
数年後にはセンター
(いわゆる保健所)に
持ち込まれた犬がとても多くいます。

良識的なブリーダーが多くなるためにも
人間側である、ペットの流通形態も
見直しが必要かもしれません。


動物も植物も、命があるものすべてを
慈しみ、大切にできる人が増えるといいですね☆
posted by 玲樺(れいか) at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬を迎える前の準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225378

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ