2010年04月24日

いよいよ、です

いよいよ!
27日に、
逗子のあの
テリア系ミックスの女のコ、
ムギちゃんが
我が家までやってくることに
なりました。
わぁ〜い!

里親さんへの
犬または猫の引き渡しは
だいたいどこのボランティアさんでも
ルールの一つとして
『保護親さんが
里親さんの自宅に
直接譲り渡しに行く』
というものがあります。

このルールは、
詐欺行為を防ぐためだそうです。

一般の里親さんを装って、
何かの業者さんだったり、
繁殖目的だったり
はたまた虐待目的だったり、、
そういったことがないように、
という配慮が必須とのこと。

もちろん、
一生懸命に救って
ケアして下さった命ですから
飼育環境まで
しっかり見届ける、
という意味もあるでしょう。

それはそれとして
うちには車がないので、
保護親さんが
車で連れて来て下さるというのは
とーっても有り難いことです!

そこそこの距離を
移動するので、その道中を
保護されている間に馴染んだ、
優しいマユさんと一緒だと
ワンコも安心に違いない。


やってくる日程が決まったところで
大急ぎで、
ドッグフードの手配です!

ドッグフードも色々ありますが
あの独特の匂い(漢字は「臭い」が適当!?)、
気になります〜。

前に子猫を保護したことがあり
その時にキャットフード(ドライ)を
数ヶ月感与えていましたが、
そこそこの、
独特な臭いがありました。

何だか、
身体に悪そうな臭いに
感じるのですよね、
あれ。
(激安というわけでもないものでも)

良さそうなキャッチフレーズがあっても
一般の食品と同じで、
それが本当にそうなのか、
実際のところはわかりませんし
食べるコ自身が
自分で選んで買えるわけではなく。

「人間が慎重にエサを選んであげないと
イカンよねぇ」
と、かなり時間をかけて
ネットで見てみました。
色々なフード。

すろと、
あるドッグフードのレビューに
「実際に自分もフードを噛んでみましたが
一般のフードのように臭くなくて
大丈夫だった」
というようなことを
書いていらっしゃる方が!!

ああ、なんだか分かる気がします〜〜〜!

人間も動物なわけで
人間がある程度、
耐えられるレベルの香り(内容)の
フード、食事でなければ
犬が耐えられるわけがないんですよね、本来。


良いエサだと、
健康で長生きなのはもちろんですが
排泄物の匂いも違うとのこと。
(これは人間でもそうですよね?)

原料には
しっかりとした信頼できる品質のものを
ちゃんと使っていて、
なおかつ『高級感』のためではなく
中身に見合った、妥当な価格の
ドッグフードがあったらなぁ、、
と思います。

しばらくは、まだフード研究が必要そうです。
posted by 玲樺(れいか) at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬を迎える前の準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225383

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ