2010年04月28日

ついにやって来ました

昨日、27日に
マユさんによって
朝8時くらい、
ついにワンコが
うちに来ました。

保護親さんは、
複数のワンちゃんのお世話で
なかなかハード・スケジュールな日々。
(それ以外に
お仕事もなさっています)

渋滞のこともあるので
朝一番に出発して
こちらまで来て下さいました。

家の外に出て
到着を待っていたら
とても可愛い車に乗ったマユさんと
後部座席で、ご機嫌になって
動きまわっている
ムギが見えました。


お忙しいマユさんですが、
到着後には
ワンコにリードをつけて
実際に道路に出て、
『ミニ講習』も
して下さいました!

なお、ダンナさんは
有休をとって
家にいたので
このミニ講習も
一緒に受けられました。


リードを短めに持ち、
すれ違う人や
犬のやり過ごし方など、
お手本を見せて頂いてから
交代して私が挑戦。

初めての土地の匂いもありますし
朝早くから
大好きな保護親さんと水入らずドライブ、、
ということで
ムギちゃんは、
大変興奮していて
ちょっと落ち着きなかったけどねぇ。


お帰りになる際に
「質問は?」と聞いて下さったのですが
もうすっかり頭が一杯一杯!

「質問できるレベルでも
状態でもない」

って感じ(笑)




あ、そして
とても大事なことを教わりました、
室内でもリードをつけて
数日いてみる

というアイディア。

興奮、パニック、
暴走などの時に
リードがあればとりあえず、
どうにかなりますし、
お座りやマテ、などの
お散歩の練習を
屋内で練習することもできます。

実際、
このお届けの日に
発生したことですが
ムギちゃんに
お水をあげようと
ダンナさんが
器にお水を入れて
ムギちゃんの近くの床に
置くまでの間、
ちょっとモタモタしたのです。

すると、
それがムギの虐待時の
「自分には、くれないつもり!?」
という、過去のイメージと
重なるスイッチを
押してしまったようで
(そもそも、
ムギにとっては、
我々はほとんど”知らない人”ですし)
強烈な威嚇&吠えで
パニック状態。


保護親さんが
ムギを押さえてくれて
少ししたら
落ち着きましたが。。

今後も困ったら
電話、メールをして下さい、
と言って下さり。

もしかすると
我々、人間側の
「命の電話」に
なるんじゃ、、?

彼女がますます
頼もしく思えますー恋の矢

ムギは成犬。

子犬とは違うので、
ある程度のことは
これまでの経験がある成犬だからこそ
できることもあれば、
子犬だと思って
接する必要のあるところもあり。



これからの注意点は
扉の前では、
必ず一度お座りする練習で
飛び出しを防ぐこと。

それから
エサをほとんどもらうことが
なかったらしい彼女が
取り付かれたように
テーブルの上をチェックしようと
前足をかけて
立ち上がったりするので
人間の食べ物や
飲み物からは
決して目を離さないようにする。
(がっつきレベルの高い犬は、
虐待とは関係なく
居ますけれども、
このワンコの
常に差し迫った感じは
やはり尋常ではないです)

ご飯中に身体を触ると唸るので
とにかくまずは
地道に信頼関係を築くのみ。。


夜の遠吠えには、
ちょっと困り中。
(しかも、何かの記憶が蘇ったらしく
夜遅くにパニックです…)

試行錯誤しながら、
少しずつ、ですね。

なお、ここで気づいたのですが
犬は環境が変わると
寂しがったり
怖がったりして
慣れるまでしばらくは
吠えることもあります。

窓を開けない季節に
譲渡してもらうのが
便利なのかも!?



あ、それから
狂犬病の注射を
打ちに行かなくては
ならないのですが
獣医さんに相談しに行ったところ
新しい環境に
もう少し馴染んでから、
ということで
一週間くらいしてから
連れて行くことになりました。

ゴールデンウィーク頃は
フィラリアの予防時期でもあるので
混合ワクチンも含めて、
体調と相談しながら
少しの間、クリニック通いです。


本当は、その前に
プロの方に
トリミングしてもらいたいんだけど。

身体に触られるのは
得意じゃないみたいだし、、。

あ、最後に
『ムギ』と呼ばれて来た
このワンコの名前は
音を大きく変えると
混乱するかと思って
『ムウ』にしました。
posted by 玲樺(れいか) at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225385

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ