2011年01月01日

怒られるムウ

明けましておめでとうございます。

あっという間にまた新年です、
気づけば2011年☆

今年も色々と健康問題や
躾に挑戦の日々となることでしょう。
ふぅむ。



さて最近、
ダンナさんが椅子に座っていると
ムウが近づいていって、
その膝に両前足をかけて、
後ろ足だけで「ピョイッ、ピョイッ」と
とても小さくその場ジャンプして
抱っこをせがんでみせるという、
可愛らしい様子が見られます。
(私にはしませんね…。フッ)


良いことだけではなく。

人がいないと見るや、
こっそりこそこそ
テーブルの上をチェックしています。

偶然、それを遠くから私が見つけて
黙って見ていた事があるのですが、
私の殺気、、
いえ、視線を感じたムウが
ハッとこちらを見たところで、
目が合ってしまい。

ものす〜〜ごくスローに
机の上にかけた前足を
戻していました。
(なぜそこだけ、
とってもスローなんでしょうか???)


で。
ちょっと前のことですが、
買い物に出かけて
ムウだけが家にいたのですが
私が帰宅したら、
テーブルの真ん中あたりにあった
カップが倒れていて
他のものも、床に落ちていました。

カップは中身がなく
単なる始末忘れだったので
大惨事ではなかったのですが
これに味をしめてもらっては
大変困るので
しっかりと反省してもらおうと
お説教。

その怒られた時のムウを
動画にて記録してみました。


背中をこちらに向けて座るのは
いつも通りなのですが、
妙にぴったり顔を寄せたり
甘えたような素振りを見せるのは
怒られた時の「生き抜く知恵」です。

そんな知恵があって
いいのか、悪いのか。。。

犬は緊張すると欠伸をする、
といいますが
まさにそのお手本のように
怒られている最中に欠伸しております´_`




(かなり私が
良いように解釈している動画です…)




ムウが実際に怒られていたことや
何か悪い事をしたんだな、ということを
理解しているのかどうかは、
その後の行動でも分かります。

かなり模範的な犬、
落ち着いた状態になるのです。

一時的なものですけどね〜 ̄ー ̄


そういえば、
年末に購入した
うさちゃんのぬいぐるみに
ロープがくっついている玩具があるのですが
それを使って
「頂戴」を練習していまして。

「頂戴」と言って、
玩具の端をそうっと触ると
こちらを落ち着いた目で見つめます。

そんな感じで
これまでに出来たことが何度かあるし、、
と少し安心していたら、
ある日、
犬歯のあたりの皮膚を
ぴくぴくさせたかと思うと
いきなり『ギャワワー!ギャワワー!」と切れて、
襲いかかられました。


が。

さすがにこれまでに噛み付いて
物凄い怒られたのがあったからか、
噛み付く事は
ありませんでした。

とはいえ、
いきなりダムが決壊するような反応は
今後変えて行くように
上手に誘導しなくては
なりませんよね。


おやつを使っていても
そうそうスピーディーには
いかないテーマのようです。


まぁ、練習をしていた
最初の頃は
玩具を持っていたり、
銜えていたりするところで
頭を撫でることすら
できなかったのが
今では一応、
触れるようにはなったので
進歩はあると言えるような。


玩具だけではなく
お散歩のハーネスを脱着するときも
同じような雰囲気でして。

犬歯付近をぴくぴくさせながら
低く唸るのですが、
目は落ち着いているという。。。
(唸ったり吠えたりしたらお散歩は
一時中止したり、
ハーネスもそのままにしてみたり。
やり方も試行錯誤中です)


これまでのストレスや
人間不信もあるのでしょうが
表現方法として、
暴力的にすれば自分の主張が通る、
という認識を保っていったり
強めたりすることには
問題のように思います。


たとえ、ムウがその前足を
可愛らしく私の膝に
かけることがないのだとしても
締めるところは締めて、
上手に信頼関係を築いていかねば〜。

これも飼い主としての
責務の一つですよね。。


なお、アマアマのダンナさんは
ベッドにムウを乗せることが
最近では当たり前になってきていて。

年末に、ベッドの上で
粗相されていました(´艸`)
posted by 玲樺(れいか) at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225485

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ