2011年01月06日

新年早々、大きな公園へ

年末年始、
ダンナさんと二人で買い出しに出かけて、
ついでに外食、、
なんてことを
色々と考えていましたが、
二人揃って出かけようとすると
玄関までついて来て、
スピースピーと鳴き、
無理矢理、
玄関を閉めて鍵をかけると
扉に前足をかけて、
思いっきり、遠吠え風に
吠えられました。

人がいなくなる、
ということよりも
仲間はずれになっている、
というところが
辛いらしいです〜。

私とムウしかいない平日に、
私が買い物に出かけても
そこそこ無関心ですし、
ダンナさんだけが
ちょっと出かける時でも
リビングからでることもなく。

その代わり、
猛ダッシュでベランダへ走り、
よく乗っていくためか、
自転車の鍵の音をチェックしています。

犬の学習能力って
すごいですよね〜。

いつの間にか、
連結して覚えてしまったのです。

そういえば、
我が家に来たばかりの2010年には
毎朝ダンナさんが
朝、出勤するだけでも大騒ぎで
早朝の吠えまくりは、
そりゃーもう、気を揉んで
大変でした。。

今ではケージから
出ようとする気配すら
ないですけどね、フフフー。
(わお!人間の夫婦のようですぅ)


さて、せっかくのお休み、
大好きなダンナさんと
目一杯遊ぶがよいぞ
ということで、
二日にわたって公園へ。

ちょっと前に
入手したロングリードを持参して、
公園に着いたら装着です。




伸縮タイプのものは、
構造上どうしても長持ちはせず、
買い替えを頻繁に
しなくてはならないようでしたし、
(おまけにそれが、
埋め立てゴミになるし)
リードの状態
(切れかけていないか)が、
きちんと目でチェックできるタイプが良いなー、
と考えて 、このリードにしました。

布製だと水に濡れた場合は
重たくなるそうですし
草むらの中では、
発色が良い方が何かと便利らしいです。


さて、公園につくと
やっぱり『(なんちゃって)トリュフ犬』として、
落ち葉や地面をフンフンしているムウ。

前にあれだけ痛い目にあったのに!?
切り株に当っても
走りまくるから
鼻から真横に、
とーっても細い鼻血を出したのに!?

凝りませんねぇ、
いや本能的な衝動が抑えられないのでしょうか…。


公園の中の
ちょっと広いところに出てから、
リードを持って一緒に
ぐるぐると駆けずり回ると、
途中でギアがトップに入るというか、
野生モード丸出しになるムウ。

これでストレス発散になったかなー?


この公園は、下がほとんど
草なのでお弁当を食べる人も多く、
食べ物にしても、
食べ物の包装にしても
拾い食いに注意、
というところは
飼い主として、
気を抜けませんけれど。


何度か、走り回って
ムウのハイパーモードが
出なくなってきたところで
クールダウン。



距離のある、人と犬


年末年始はお天気もよく、
さすがにちょっと冷えてはいましたが
気分は晴れ晴れ〜。


そういえば出かける前に、
「ムウを連れて公園に行こうよー」と
ダンナさんに言った時には
「ええー、この寒いのに?」
と文句たれていましたっけ。

そこで、ヒーラー口調の作戦
(=穏やか口調)で聞いてみました。

「…考えてみてヨ?
ムウがあと10年は生きて、
まだ元気に散歩ができるとするでしょ?
そう考えると、
公園で年末年始にのんびり過ごせるのは、
あと10回だよね???

10年以上生きたとしても、
今みたいに公園で走り回れるかどうか、
これは分からないよねぇ?

…って、考えると残すところあと10回。
それって多いと思う?
少ないと思う?」



すっかりムウに♡を
もって行かれているダンナさんが
すぐ準備したのは
言うまでもありません(´艸`)



さて、今回の散歩で、
ムウを見ていて興味深かったことは、
一番最初に公園に来た時は、
怖がって必死にすぐに帰ろうとし、
二度目、三度目は、
手がつけられないほど
ハイパーに走ったり
落ち着きがなくなって
ソワソワしまくり。

そして四度目にもなると、
ちょっと落ち着きが
出て来ました。

今回、近くを通った
子供連れのお父さんに
吠えていましたけどね、、。

これはまぁ、
ある意味普段通りってことで!?


犬にとって楽しみな、
ご飯でもお散歩でも、
「何回もあるんだ〜、
今回だけじゃないんだ〜」と
犬自身がちゃんと分かってくると、
それほど切羽詰まった感じがなくなり
落ち着くような気がします。



お天気が良い時は、
なるべく、
大きな公園に
連れて行ってあげることにしよう、
と思いました。
posted by 玲樺(れいか) at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225486

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ