2011年03月26日

ムウ、もうすぐ一周年



あと一ヶ月弱で、
ムウがうちにやってきてから
一年となります〜。

変化のあったところ、
なかったところ、色々です。



この写真から
全ては始まったのでした。




最初は全く動かないまま
2、3日が経過。



3、4日後に
私の妹になぜか強烈に反応して
ムウは好き好きアピール。

一週間くらいしてから
おもちゃに反応。
(その後、ほとんど無反応…)

そして、
初めてのお客様である
ともちゅ〜さんの
優しさがすぐに分かって、
大喜びで懐いたり、
じゃれついて(失礼にも)
お洋服をくわえて引っ張ったり。



一ヶ月過ぎたら
「少し馴れたみたい、かな?」
と考え
二ヶ月過ぎて
「少し馴れたみたい、かな?」
と、また考え、、
という感じで、
結局、ムウが我が家と人間に
馴れたのかどうか、
心を開いてもらっているのかどうか
微妙に分からないままの
この一年(汗

まだ底が見えないムウです。
(わざと?わざとなの?)

床で寝ているところに私が近づくと
水中の魚みたいな目つきして
ドキドキしているし。


ムウが来てから
三日、十日、
一ヶ月、二ヶ月、と
時間経過する毎に、
馴染んだような部分と
まだ馴染んでいないような部分に
戸惑ったり、悩んだり。


良い変化もあれば
悪い変化もあったりして
試行錯誤してばかりでした。



ただ、性格というか、本質は、
過ごす時間に比例して
次第とはっきり見えてくるので
最初は戸惑うだけでしたが
こうしてみよう、、という
アプローチ方針は確立してきます。

試してみて、
違っているみたいなら
やり直せばいいだけなんだ!


と途中で分かりました。

<家のルールとして
絶対にやらないこと>
と決めてたことは
コロコロと人やタイミングによって
変えたりせずに
ある程度、貫く必要が
あるとは思いますが、

(例えば、人間のご飯はあげない、
一緒の布団で寝ない、
ご飯やお散歩などの
要求吠えをするなら
それを一旦中止する、、
といったような
家族全員で守るルール)

トイレとかインターホン吠えとかは
ぴったりな方法
(=効果的と言われていることと
違うかもしれないので、
あくまでもその犬にぴったりな方法)を
探したり、色々と工夫したりしながら
感触を得ていってみるっていうのも
アリなんだと、
思えるようになりました。


そして、
ある程度、時間がかかる問題もある、
ということ。


一番大きかったのは
「もう、いいや、それで」
という飼い主側の気持ちの変化でしょうか。

ウンチがトイレから
はみ出ていても
もうOKということに
なりました。

ウンチをしてシートを汚すより
床にしてもらった方が
きっちりと、拭き掃除が
できるから便利だー!って。




『吠える』のは
ご近所迷惑になるので
どうにかしてもらおうと
いろいろ試してみましたが
「またかー」「これもダメかー」で。

これが続くと
結構ストレスになるんですよね。


飼い主さんにストレスがかかると
不思議と懐いていないムウでも
ストレスというか、
悪影響を受けるようだと
気づいてからは
私のストレス発散を
優先するようにしました。

犬のこと以外で
完全に頭の中を一杯にするような、
趣味や外出など、
犬にとっても
日中のフリーの時間は
息抜きになると思います。



ところで、
ムウに関して
保護活動をされている
マユさんに毎月
メールでご報告をするお約束で
レポートを出し続けてきました。

『こりゃ、「報告」じゃなくて
「相談」だよなぁ』
と申し訳なく思いながらも
ポチッ!と
送信し続けた一年でもあります。

いつも落ち着いて穏やかなメールを
送って下さるマユさん☆


============

ある程度は
「ま〜 いつか
どうにかなるでしょ」
くらいの
おおざっぱな気持ちで
過ごして下さい。

がんばり過ぎ無い事も大切です。

飼い主さんが頑張ってくれた分、
きっちり良い子になるわけではありません。

もちろんまったくの放置だと、
良くはなりませんが。
目標は、長〜〜〜い目で考えて
立てて下さいね。

飼い主さんの気持ちが、
きっと伝わると思います。

===========


あぁ、癒されるぅ。。。

マユさんのように、、
と思いながら
犬に接しています。

マユさんの
犬との生活を
じっくり見学させて頂いたことは
ありませんが

(目標というと恐れ多いけど)
雰囲気とか、スタンスとか
そういった部分で
あっち方向に自分も進みたい、という
イメージが持てるのは
大きいです。

あ、それと
「バックにはマユさんがいるだぜ」みたいな
ムウに対しての
コバンザメ・パワー(´艸`)


なにかアクシデントが
発生しても

『ムウの場合だったら
それはたぶん…』と、
一緒に考察してもらえるのは
本当に有り難いです。


==========

ホントに日々勉強、
そして失敗の繰り返しで、
げんなりしてしまう事も
山ほどあります。
(げんなりして全てを投げたして
1時間ぐらい不貞寝してみたりします。
「も〜無理!!!」みたいな(笑))

ただ単に、
わたしは触れ合っている
犬の頭数が多いから、
その分経験がある、というだけです。
まだまだなのです。

「私が何とかしてやらなければいけない」
と「どうにかなる」という、
責任感と、
ある意味おおざっぱな感じです。

あとど根性(笑)。

==================


根性。
それは確かに
必要なものでした。



爪切りや耳の掃除など
お手入れ方法についても
アドバイス頂きました。

ムウの顔周りをハサミでカットする時の
アドバイスです↓



=============

犬が苦手なことをやるとき、
わたしはよく歌
(歌とも言いがたい何かを口ずさみながら)を
歌いながらやるのですが、
要は、怖いことではないし、
人間も怖いことをしようとしていないんだな、
と思ってもらうためです(一応)。

ムウのあごにあった毛玉は、
確か来て2週間くらいに
チューをしながらだったかと思います。

===================

ムウには
他のセンターにいる犬達と同じように
(ケアされていなかったために)
毛玉があったんですねぇ。

やっぱり。

にしても、チューって!!!


あの道路舐め妖怪、
ご飯の食べっぷりもすごいので
匂いをかいでみたら
時々、うさぎ小屋みたいな
匂いがするのにー。


すごいな、マユさん。





ムウの一周年記念の記事は
次回に続きます〜〜。
posted by 玲樺(れいか) at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ムウ(犬)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225510

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ