2011年06月08日

ボランティアのショップ「安いタグ」のご紹介

いつも巡回している
保護犬たちのブログの中で
「安いタグ」という
サイトのことを知りました。

そちらのサイトにあった文章、
ちょっと長いですがこちらにご紹介致します。

====================
「代金が安い名札」で皆様が付けようかと
思って頂けるならばそれを提供し 
一頭でも多くの命を安全に救いたい
という一心で始めました。

機材も材料もインターネットで捜し求め、
連絡をとりました。 
材料の厚さ・形・素材・穴の位置・フックなど、
これが欲しかったと飼い主さんが思うタグを
追求したいと強く思いました。

彫刻機代に多くの金額を費やしました。
タグの種類も6種類揃え、タグ1種に付き1000個単位でしか
購入できませんので在庫の費用だけでも結構な金額です。
でもやりたかった。

1個のタグは手掘りでして1時間弱かかります。
タグ代は、金属代とフックと送料と彫刻機代以外は
この代金からはいただけません。 
一般のタグが1000円以上や2000円からなのは
彫っている時間代が入っているので当然です。
私達は彫る時間代は頂けません。
この時間をボランティアとして動物を愛する皆様と
動物達に心より提供します。  
================

うーん、
すごいボランティア精神ですね。

もともとのお仕事とは関係なく
材料や機材を購入するなんて。


「安いタグ」さんのサイトはこちらをクリック


うちの犬は
何度つけてもタグは噛んで
ボロボロにしてしまうから、、と
諦めてしまって、つけていない方、
多頭飼いの方や、
うちは外には出さないし、
と思っている猫ちゃんの飼い主さんなどに、
是非、「もしも」の際のために
付けてあげてもらいたいですね。


「もしも」ってやつは
思いもよらない形でやってきますから。


なお、震災の後では
マイクロチップを埋めた犬でも
機械が使えずに読み込み作業ができなかったり
首輪に迷子札をつけていても
警戒心と不安で
近づけないのでなかなか確認できなかったり、、
とあるようです。
(犬の「かどわかし」でも
きっとこれらの方法だと
手がかりになりませんね)


普段から、ペットの様々な角度で、
夏毛、冬毛、
お風呂などの場面の写真をとったり
体重を把握したりしておくことや、
リードにも迷子の際の連絡先を書いた、
取り付けタイプの迷子札をつけるなどしても
良いかもしれません。


さて、先日手芸用品のコーナーで
革製品の材料がありまして
ペットの首輪を自分で作れます、
とありました。

木槌とゴムのシート、
それにカシメとか、ハトメとか、
工具と材料もありました。


そういうものをボランティアとして
作れたらきっと素敵だろうな、、と妄想。

随分時間をかけて悩みましたが
結局諦めました。

細長い皮に
一直線で穴を開けていく自信が
私にはないんですよねぇ。


勇気が出たら
ムウを実験台にして作ってみたいです。



にしても、
安いタグ屋さん、
少しは利益が出る設定にして頂かないと
注文が集中したら申し訳ないし、
今あるタグの在庫がなくなって
また大きなロットで発注して
大きな出費となるのも
何だか申し訳ないような〜。


休憩のお茶代と、
作業で疲れた身体を整えるための
メンテナンス代くらいは
少し載せて頂けると、
頼みやすいと思っちゃいます。
posted by 玲樺(れいか) at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの安全
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179225538

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ