2014年08月28日

夢にシーザーミランが登場した話

足裏の毛を ちょっとカットしただけなんですが 1 グッタリダウン ムウは寝ていただけなのに〜。疑いの眼差し 精神的な疲労って 侮れないってことねふぅ 今年の6月下旬か 7月初旬か、、 少し前のことですが 夢の中で ドッグトレーナーの シーザーミランと会いましたきゅぴーん ナショナルジオグラフィックで 放送中の『ザ・カリスマ ドッグトレーナー 〜犬の気持ち、わかります』 (原題;Dog Whisperer)を 録画していて、 時間がある時にちょこちょこ見ていましたが それにしても唐突に登場。 これはいわゆる普通の夢じゃなくて アストラル界での出来事なんだな、と いう雰囲気でした顔 *夢、というと 現実世界でのことが影響したり 深層意識が出て来る夢が多いですが 実際には(誰でもみんな) 寝ている間に 未来のことを作ったり準備したり、 物理的な現実世界と併行して 活動もしています。 それらは『アストラル界』と呼ばれる エネルギー的な別時点の世界で行われます。 夢も色々なんですよねー。 <そんな夢の世界のお話です> シーザーミランは 撮影クルーの皆さんと一緒に 我が家にやって来ていて リビングでムウと対面。 たった一人で ムウの様子や反応を見ていました。 その間、スタッフの皆さん (5〜7人くらいの男女)は 別室に少しの機材を持ち込み、 輪になって床に座っていて モニターを囲んで 皆さんでチェック。 いくつかの袋菓子を開けて 床に並べていて、 「さすが海外! 仕事中に人の家でお菓子…」 とちょっとビックリしつつ、 「なーんか、 狭いところに ぎゅーぎゅーで申し訳ない、、」 って光景です。汗 そのすぐ後、リビングで、 私はシーザーから 「この犬は問題ない」と 一言告げられました。 (えー、あるけど!? あると思うんだけど?) と私は心の中で思いましたが 彼はちょっと振り返り スタッフのある男性を近くに呼び ちょっと内緒話っぽく 「これは(このケースでは) 番組にならない」 みたいなことを話し、 スタッフは頷いて了承していました。 あー、そっか、 シーザーも、制作側、番組としての 視点もちゃんと持って このお仕事に携わっているんだなぁ、と 何だか納得。 過去のケースに多くて もう何度も取り上げてきた、とか 他の人に参考になることが多いケース、とか やっぱりレアなケースも時々有る方がいいよね、、 とか。 そこで、私の夢は終了しました。 朝、置きてから 夢を思い返しつつ 「ムウのびびり癖とか インターホンに吠えるとか 飼い主としては当然改善したいし、 何と言っても シーザー・ミランの手腕を拝見したかったのにぃ〜!」 と思いつつ 「…アストラル界で遭遇した、 ってことは。 シーザーとそのクルーの皆さんは 将来、日本へやってくるんだ!? そのための準備(現実)の 準備(アストラル界)を しているってことかー へぇ」 と思いました。 実現するんでしょうか? シンガポールには 上陸していましたけどね、 どうかな〜。 ムウは問題はない犬、、? そういえば その夢の中では ムウは全く吠えていなくて ずっと静か。 私が見ていた限りでは シーザーに向かって ちゃんとオスワリして シーザーのことを 見上げていたっけ。むー あ〜あ、 ここぞとばかりに、 すっごい吠えまくったら 良かったのにコラっ <おまけ> 足裏カットした後に 頑張ったね、偉かったね、 と力いっぱい 褒めてみたんですが 2 心ばかりの お義理な決めポーズ。 目は虚ろのまま。   四つ葉 四つ葉 四つ葉 ACについて 四つ葉 四つ葉 四つ葉  ハートAアニマルコミュニケーション承りますハートA ACセッションは スカイプ、またはお電話で承ります。 ご本人が飼っていらっしゃる、 または 以前に飼っていらっしゃって、 今は天国にいるペットを 対象に承ります。 1セッション(二匹まで) 60分 / 5,000円 *お支払いは、事前のお振込で お願い致します。 *スカイプの音声や状況が悪い場合は お電話に切り替えとなり、 こちらへおかけ頂くことがあります。 詳細は、サイトをご覧下さい。 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから 『お申し込みフォーム』はこちら〜☆ ペットヒーリング 犬、猫、ウサギなどの ペットを対象にペットヒーリングを 始めます。 犬のみ、対面と遠隔の両方で、 猫、ウサギなどは遠隔のみで 承ります。 1セッション (約20分くらい) : 1,000円 花レイキヒーリングをベースとしたもので、 軽く手で触れて行います。 花ヒーリングを行う場所を 安定させて、 高いエネルギーで満たすことも 一緒に行います。 スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから ペタしてね 読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179226186

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ