2016年03月09日

羽根はどこから来るのでしょう?

こんにちは、玲樺です。 ご訪問、有難うございます花  わんこ わんこ わんこ わんこ わんこ  2月から ムウのこれまでの画像を選び出して フォトブックにしようと 日々、地味に作業しているのですが いわゆる 素敵なワンショットは 少なくて その代わり(?)に 4コマ漫画みたいなものが 多いことがよく分かりました。 例えば 昨年12月。 お散歩中のムウがこちら。 ムウ、おやつだよ。 はい、どうぞ〜。 1 ウーム、、。 2 3 難しいノダ 4 ムウの場合は フォトブックはほんの一部の 画像だけで作って、 あとはスライドショーとかが 良いかもうーむ さて。 飾りやアクセサリーとして 使われる羽根。 前々からその羽根のルートについては 言われていましたが まだまだ知っている方は 少ないかも? 生き物から”利益”のために 生命の尊重なく扱われ、 製品として流通させられています。 生活のために 利益を得ることは必要ですが それは他の生命や自然への 尊厳を守ってこそのもの。 今後、より多くの方が 羽根についてのルートを 知って下さり、 人工のものへと 代わっていけば いいと思います。 羽根についての 情報はこちらから。 是非、ご覧下さい。 日本ではここ数年、 多くの方が着用している ダウンジャケット。 これについても 気になります。 いま、出回っているものを いかにリサイクルするか、 そして、新商品では 人工素材のもので 軽くて暖かで、 そして洗えるものも (アレルギー対策の製品として) まだまだ少ないとは思いますが 市場に出てきています。 日本の技術、 そういうところで これから更に 頑張ってもらいたいですね。 ヨーロッパで 動物愛護などの観点から 消費が減ってくるものは すぐ日本に回ってきます。 (フォアグラ、羽毛) その戦術に まんまと 嵌っている場合じゃ ないんじゃないかな、と。 さて。 話題は変わりまして、 ムウブログの更新が かなり遅くなったことで 溜まってしまった サイトや動画のご紹介を ここでまとめて。。 見ていると、 心が和む、 『花の香りを楽しむ動物の皆さん』の画像は こちらから〜。 怖がりな犬。 保護される場面からの動画です。 ムウなら確実に 噛んでいるな、、フッ お魚を捕まえたい猫。 今日も最後まで お付き合いくださり ありがとうございます! すべての生きとし生けるもの すべてのエネルギーが 輝きと美を表現し、 尊重しあう 愛と調和の中にいますようにsei Everything is fine. ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ  =========== 『お申し込みフォーム』は こちら☆ =========== ハイビスカスペットさんとご家族の橋渡し 『アニマル・コミュニケーション』 50分/5,000円 基本、スカイプ(音声のみ)で行う セッションです。 『アニマル・コミュニケーション』の 詳細はこちら☆ ・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから 読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア、ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179226505

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ