2016年08月20日

ペットさんの躾は厳しく?

<ちょこっとお知らせ> ワンコイベント出展致しますワンコ 8月27日(土) 元気フェスタ国立に 出展致します。 ワンコワンコ整体の体験ワンコ 出張のワンコ・ヒーリング、 またはAC(ワンコ)を 受けて下さったワンちゃんには ”ワンコ整体”の体験(無料)を 受けて頂けます。 **セッション(人&ペットさん)の 合計金額が 8,000円以上の場合に 出張致します** 7月下旬〜9月中旬を除く。 ワンコ整体の体験キャンペーン、 詳細は”こちら”から わんこ  わんこ  わんこ  わんこ  わんこ こんにちは、玲樺です。 ご訪問、有難うございます あと一ヶ月もしたら 完全にですね!やったー 秋、 実現を目指している 食い倒れツアー大阪入り、 まだまだ内容と日程を 調整中です。 ご縁とタイミングが ばっちり、繋がるべき方に 繋がりますように〜、と とりあえず願っています。お願いクマ というわけで、 きっと実際に、 そうなることでしょうYes さて、時々 見かけたり聞こえたりする機会がある、 お家のワンちゃんのトレーニングや躾。 基本は、 条件付けというか コマンドを入れて それに反応した動きをしてもらう、 というのが主流なのかな? トレーニングの内容や方法云々は ともかくとして、 その当事者である、 ワンちゃんと飼い主さん、 双方の、心の近さや疎通具合を あまり感じられないケースが多いです。 なんでかな〜? 飼い主さんは一生懸命なのでね、 なんていうか、 余計に残念で悲しく感じます。 飼い主さんの本当の願いは 仲良くしたい ちゃんとした関係性を築きたい、 ということが メインなはず。 それが(トレーニングを通しても) 伝わっていないって。 やっぱり とても勿体ないし 切ないですよね。 どのお家でも 人とワンコの 歯車さえ、 ちゃんとかみ合いさえすれば とてもスムーズに行くと思うのです。 で、ちょっと注意事項。 ちゃんとさせたい、 ちゃんとさせねば、 という気持ちって、 とても大事なんですけれども (社会的にも) それが 義務とか責任の方が 勝って大きくなり過ぎちゃうと 全く違うものになっちゃうんです。 んー、、、 人間の親子関係で 大きな理想と責任感を持っている親を ちょっと想像したり 考えてみたりして頂ければ その感じが すぐにお分かり頂けるかと苦笑 うちのムウの場合は 「噛む」「吠える」 「(猫、自転車など)追いかける」 「拾い食いする」 「唸る」 と、色々あるところから スタートして それこそ、 「折角、家族になったんだから」 という気持ちや 「保護犬だって ちゃんと出来るんだもんね」 「社会的にきちんとした 犬になってもらいたい」 と、責任感と理想を てんこ盛りにしていました。 命に関わることや 危険なこと、迷惑になることなどは 勿論、早めに早めに 修正していかねば なりません。 が、思いの外、 改善の兆しが見られなくて 私も焦ったり悩んだりな日々でした。 少し時間が経過したところで、 距離感が多少は縮まっているのかも しれないけれど 一般的な保護犬さんに比べたら 遅々として進んでいないように思え、 そして、ムウの心も それほど開かれていると 感じることもなく。 ずっと世捨て人みたいな、というか 荒んだ目をしていて ご飯になると 目が血走るような感じでした。 そして、 どうにか改善したい、 ムウと仲良くなりたい、 と思いながら 試行錯誤を続けていたら ある日、 実際に私との距離を ぐぐーーーっと、 数メートルくらい、 取られるようになりました。 その時、 驚きましたしショックも受けました。 近くなりたいのに 遠ざかるとは!? 色々、自分の中で 思考を巡らせていると、 ふと、 私がガンガン押し付け過ぎなんじゃ? と、思いました。 「もしかして、 それが原因で こんな風に、室内で ムウが私から ちょっと離れたところに ポジションを取るの!?」 本当かどうか その時は分かりませんでしたが それが事実のように感じられたので 「ムウ、、、 ごめんね?」 と、たった一言だけ、 ポソっと、ムウに対して言いました。 すると、その直後、 私からすごく離れたところで 寝そべって(常に警戒モードで 室内の空気にアンテナを張って)いたムウが スクッと立ち上がって、 私のすぐ側に トコトコと歩いてやってきて そして、ぴったりくっついて 座ってくれました。 理由も説明していないのに 伝わるもんだなーと その時、とても不思議に思いました。 そういうわけで。 通常の生活の中で 犬に合図(コマンド)を出すのに、 空威張りしたり、 大声で叫んだり 怒鳴りつけたりする必要は 全くありません。 ましてや、打つとか〜〜。 勿論、褒め続けているだけでも やっぱり足りなくて、 ダメなことを ダメだと教えるために 「それいけないよー」と 声を掛けるとか リードを軽く引いて 合図を送るなどして、 『注意』することは必要です。 ワンちゃんが 夢中になりすぎている時や 興奮状態の時こそ、 飼い主さんがクールに。 そして出来れば しっかりグラウンディングすることが 大事です。 最終的に、ムウは 大体の問題をクリア出来ました。 ムウが賢いから、とかじゃなくて、 心の距離を縮めることが 幸運なことに (笑実さんのACセッションをきっかけに) 出来たからこそ、 と思っています。 躾、コマンドは、 心の絆の上に発動します。 さて、 そんな変化を見せてくれたムウの 「台所は入っちゃいけないエリアでしょ」 という我が家のルールを 遵守(カナ!?)している様子の 動画をご紹介。 ちょっと侵入気味のムウを見て 「あれ?」 と一言、発しただけで 危険を察知して ムウが動きます。 台所は、食品が落ちていて 誤食の危険もありますから。 当初、生米を食べて 三日三晩下痢をしたムウも (しかも二回もやりやがった) 最後は、 (がっつき姫ではありましたが) 台所をちょこっと偵察するくらいで 盗み食い目的で 侵入することは 全く無くなりました。 ほんと、やれば出来る、 そして変化と成長に終わりなし! 今日も最後まで お付き合いくださり ありがとうございます! すべての生きとし生けるもの すべてのエネルギーが 輝きと美を表現し、 尊重しあう 愛と調和の中にいますようにsei Everything is fine. ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ  =========== アニマルコミュニケーションの お申し込みは、 こちらの 『お申し込みフォーム』からどうぞ☆ =========== ハイビスカスペットさんとご家族の橋渡し 『アニマル・コミュニケーション』 50分/5,000円 80分/8,000円 基本、スカイプ(音声のみ)で行う セッションです。 『アニマル・コミュニケーション』の 詳細はこちら☆ ・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 本業方面、 『ヒーリングスペースレイカ』のHPは こちらから スピブログ「普段使いのスピリチュアル」は こちらから 読者登録してね
posted by 玲樺(れいか) at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179226558

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ