2017年02月11日

フォルン更生!?の大作戦

<ちょこっとお知らせ>

ワンコイベント出展ワンコ
現在、予定しているものは
ありません。
*2017年は無さそうです。

ワンコワンコ整体の体験ワンコ
出張でAC(ワンコ)を
受けて下さったワンちゃんには
”ワンコ整体”の体験(無料)を
受けて頂くことが出来ます。

*こちらから片道、
約一時間半以内で、
電車移動で伺える
カフェやファミレスなど。
(ペットさんは
ご一緒頂かなくて大丈夫です)

*出張は、
7月下旬〜9月中旬あたりを
除きます。

ワンコ整体の体験、
詳細は”こちら”から


わんこ  わんこ  わんこ  わんこ  わんこ

こんにちは、玲樺です。

ご訪問有難うございます はーい

 

<猫とギター>

 

 
 
ノルンとフォルンのお話は
家に慣れてもらう編
(雲隠れからフリータイムまで)や、
室内の工夫編
(目下、百均とドアノブ付け替え)とか
各方面に色々ありますが
メインとも言えるのは
フォルンの
「なんちゃって
俺様行動」について、です。
 
『ご飯を
なかなか食べない問題』も
あるのですが、
フォルンのテーマの方を
先に書いていきます。
 
楽しみにされている方も
多いかと思いますし むふふ
里親決定してから
最もすぐに着手すべきだった
ということもありますし。
 
「なんちゃって俺様行動」は
正確に書くと
『自己表現問題』
って感じかと
思います。
 
 
フォルンは、
ノルンに対して
威張っているような行動をしたり
マウントしたり、
擬似後尾!?な
動きと態勢をとったりで、
何らかの対応や
方針を早く決めて
取り組んでいくことが
必要だと思いました。
 
観察していると
フォルンは
ただ威張っているわけでは
ないことも
比較的すぐに分かりました。
 
里親トライアルが始まり
新しい環境で
かなり不安になって
『自分の心を
強く保ちたい』、
という要素も混じってきたと
思います。
 
ノルんのことを
嫌っているとか
下に見ているわけでもなく、
当初のトライアル中に、
『脱・野良計画』で
毎日ちょっとずつ
ケージから一匹ずつ
リビングに出しましたが
その時、
ノルンだけケージの外に出されると
とても弱々しい、哀しい声で
キューーン 泣き2
鳴いていましたし 笑う
 
「自分も出たい」、
じゃなくて
「ああ、ノルンが遠い、、、」って
感じの物悲しい声。

 

そんなこんなで

観察の結果、

フォルンは、

自分も可愛がってもらいたい、

認めてもらいたい、

と、思い続けているのに

それがずっと叶わず、

そこで発生した

ネガティブな感情が

解放されることなく

鬱積し続けて

ここまできたんだろうなぁ。

と判断。

 

 

 

遊ぶときは

思いっ切り

子猫なんだけどなぁ。

 

 

デヤッ!

 

仮想ねずみに向かって

ジャンプするフォルン

 

 

 

 

仮想ネズミを

待ち伏せ中のノルン

 

 

実は

ノルンの方が

仮想ネズミを捕まえるのが上手 y’s

 

 

 

 

室内フリータイムが

ちょっとずつ

増えて来たことで

触れ合いタイムも

少し増えて来て。

 

フォルンが遠くに、

ノルンが私の近くにいる時、

ノルンを撫でてみると、

フォルンは

遠い場所に居ながら

じーーーーっと

湿った目で

見つめ続けます。 <img src=aknハート(トランプ)" data-id="958111" draggable="false" height="16" src="http://emoji.ameba.jp/img/user/mi/mini-minnie/958111.gif" width="16">

 

 

素直でオープンに

自己表現が出来るコなら

そういう行動&眼付きは

しないですよね。

 

 

声に出して

言うことは出来ませんが

(フォルンに

聞こえちゃうから)

 

体の大きさは

ノルンの方がちょっと小さく、

お顔もノルンの方が

可愛らしい感じなので

 

野良をやっている時、

絶対に

「あら、このコ、

可愛いわぁ〜」とか

「こっちの小さい方のコが

可愛い!」とか、

ノルンの方が

ダントツ褒められたに

違いありません。

 

 

ペットショップでも

保護ッコも

そういうことは同じく。

 

「可愛い」

という単語が

(個人差はあるものの)、

よく言われるコと

そんなに言われないコの

両方が

どうしても出来てしまって、

その結果、

どちらのコにとっても

”何かしら”残ります。

 

 

可愛らしさや、

魅力というのは

個々の違いが

必ずあるものですからね!

 

どのコも、

可愛いよ、

素敵だよ、

素晴らしいよ、

という

『気持ちと敬い』をもって、

短い時間は勿論

お家でも、

ちゃんと心から接することが

大事です。

 

もちろん、人間も LOVE

 

 

 

 

本当は可愛がられたくて

でも、

ずっと可愛がられてこなくて

存在そのものを

認められたいけど

可愛がって〜、と

自分から

主張することは

できないフォルン。

(言葉にしてみても

ややこしい)

 

ま、自分に自信がないから

自分も〜、とは

なかなか言えないんですよねぇ。

 

 

というわけで

ちょっとずつ、

時間があると

フォルンのことを

褒めて、撫でて、

そして沢山、

語りかけるように

してみました。

 

 

そして、数日経過して

ちょっとずつ

フォルンも変わって来たかな?

と思った

ある日の夜。

 

 

ノルンのことを

可愛がっていたら、、

 

 

(ご注意ください

音声が出る動画です)

 

 

最後の方

スマホをバシッと

いつのまにか

椅子の上に登っていたフォルンに

パンチされました やったね

 

あはは〜〜!

 

フォルン、

自分を

可愛がって

貰いたかったのね。

 

『嫉妬』

というのとは

ちょっと違っていまして、

「自分が可愛がられたいっ!」

という気持ちが

ついパンチになって

出ちゃった。

 

自分でも

この衝動的な行動を

「しまった!」

と思ったのか

パンチした後、

すぐに逃亡しています ププッ・・・

 

 

これまでのフォルンは

そういう場面では

じーーーーっと

黙って見つめているだけ

だったので。

 

「行動」として

表に出せるように

なってきたのは、

良い傾向です きりっ

 

(決して、

暴力的な行為そのものを

すべてOKとしているわけでは

ありません。

一応ね)

 

 

このフォルンの行動によって

フォルンを褒め、

自尊心をアップさせていくという、

フォルン更生の大作戦に

間違いがないことが

わかったので

更に継続して

褒めていくことにしました。

 

 

続く。

 

 

 

 

<おまけ>

 

布に隠れて(?)

獲物(仮想ネズミ)を

待ち伏せしているノルン。

 

 

ノルン、

全然隠れていないんだけど?

 

 

 


今日も最後まで
お付き合いくださり
ありがとうございます!

すべての生きとし生けるもの
すべてのエネルギーが
輝きと美を表現し、
尊重しあう
愛と調和の中にいますようにsei

Everything is fine.



ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ ワンコ 

ハイビスカスペットさんとご家族の橋渡し
『アニマル・コミュニケーション』
50分/5,000円


基本、スカイプ(音声のみ)で行う
セッションです。
ご要望があれば対面でも
行います。

『アニマル・コミュニケーション』の
詳細はこちら☆


===========
『お申し込みフォーム』はこちら☆
===========

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

『ヒーリングスペースレイカ』のサイトは
こちら

別ブログ「普段使いのスピリチュアル」は
こちら


読者登録してね

 

posted by 玲樺(れいか) at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ペットの健康、癒し
この記事へのコメント
TITLE: 1. おもしろいですね。
SECRET: 0
PASS:
私とは考察の仕方が違いますが兄妹何匹かいると前に出てくる子、奥にひっこんで出てこない子が犬でも猫でもいまして
前に出てくる猫もひっこんで出てこない子ももらわないようにと書かれている本もあります。
ノラッコの場合実は他の兄妹を守ろうとして前に出て威嚇する猫のほうが慣れるところっとなつくんです。
奥でひっこんで心を開かない(甘えたいけど出てこれないタイプ)の子猫はいつまでも警戒心が溶けず怖がりの癖が抜けません。
お世話かけてすみません。フォルンの性格からいうと1匹で可愛がってもらえる方がいいかと最初に戻る、ですけどそういうわけで考えていました。
どうぞよろしくお願いします。
れいかさんの考察は全く人間の子供にあてはまるものですね。もともと人間の子供を扱っていたのでよくわかります。褒められたり可愛がられる子供は刺激が多いため成長がよいことが知られています。それに比べ虐待される子供は成長が極端に遅れます。
(すみません。否定してるわけではないのでご了承ください。)
Posted by あかちゃん猫の育てのママ at 2017年02月11日 15:31
TITLE: 2. Re:おもしろいですね。
SECRET: 0
PASS:
>あかちゃん猫の育てのママさん

ブログ、ご覧くださって有難うございます。
ワンコ本などで『ペットショップでの選び方』なんていう章があって、目の輝きや毛艶、といった項目以外に、前に出てくる元気なコ、という文章をよく見かけました。
前に出てくるコは、人見知りせず好奇心旺盛ですが、その分はっちゃける可能性が大きく。
その一方で、一番どんくさくて、何をするにも最後になっていたコが、家に迎え入れて見たら驚くほどのワガママ発揮とか。
一概には言えませんが、『傾向』はありますし、おうちに迎える時に参考にはなりますよね。

威嚇するようなコが後々にべったり甘えん坊になる、というのは他の方からも伺ったことがあります。

フォルンとノルンは不思議で、病院とか初対面の方に会う時とか、最初に興味を示すのはノルンが先。
でも、動きが遅いようで。結果、フォルンの方が、自分の役目って感じで先に出ているようです。

うちとしては、手間とか大変とか、そういうことは全くありませんで、逆に「興味深いなぁ」と楽しみながら(?)アプローチする日々ですヾ(@^▽^@)ノ
(どっちのコも、一匹飼いでも十分幸せ満喫できたと思います〜)

これからまた続きも書いていきますので、お時間ございましたら、どうぞご覧下さい φ(.. )
Posted by れいか at 2017年02月12日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179226594

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ