2017年05月26日

アニサキスにも注意だけど、猫のも注意!、その2

<お知らせ>
・スピリチュアル・レッスン
基礎クラス、受講生募集中
残り一席です。
(週末開催予定のクラスです)

・イベント出展予定
現在、出展予定はありません

・ワンコ整体の体験
出張AC(ワンコ)では
”ワンコ整体”の体験(無料)を
受けて頂くことが出来ます。
*7月下旬〜9月中旬あたりを
除きます。

ワンコ整体の体験、
詳細は”こちら”から

ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい) 

こんにちは、玲樺です。
ご訪問、ありがとうございます♬


3COINSという
300円均一のお店がありまして。
そこで見かけた猫モチーフの
ポーチの絵が、
何というかユニーク。

1.jpg


小さいボールを
前足ではたきながら
走っていくノルン、フォルンに
よく似ています。

ドジョウ掬いとか
鳥獣戯画とか
そういうものにも
似ている〜。

どれにしたって
ユニークですが。


さて今回は

少し前の記事、
『アニサキスにも注意だけど
猫の(虫)も注意!』

の続きです〜。

可愛く鳴こうと
幸せそうに寝ていようと

「・・でも、お腹に
虫がいるのよね。」

と、つい心の中で
思ってしまう日が
数日間、続きました。

大型連休が終わり、
そして、セッションの
ご予約がない日になって
やっと動物病院へ
ノルンとフォルンを
別々のバッグに入れて
朝一番で出かけて行きました。
(徒歩です)

体重を計るのをサボっていたので
何キロなのか
分かりませんが
バッグを肩や腕に提げて歩くと
結構な手応え。

ああ、犬なら
歩いてくれるから
楽なのに〜

と思いました。

が、すぐに思い出しました。

ムウは動物病院だと察知すると
ブルブル震えて
動かなくなることを。

1.jpg

病院イヤァー! 
タシケテー!

(腰痛防止の腹巻と
乳腺腫瘍除去&避妊手術をして
カラーを装着)


結局、家から病院まで
ほぼ丸々その道のりを
私が7.2kgのムウを抱え上げて
歩いていったんだっけ (アハハッ

ちなみに
具合が悪くても
帰りはダッシュ。

1.jpg

あー!美味しい匂いがスルっ!

(お腹の縫合部分が
まだ生々しいのに
オカラ回収車に
しっかり反応するとは、、)


さて
ノルンとフォルンは
連休明けの混雑が
まだまだ収まらない病院で
時々、か細い鳴き声を出しながら
じっと待ちます。

1.jpg


院内の情報も楽しい。



いよいよ診察の番が来て
ニョローンを出した
フォルンの方から受診。

私がネットで「回虫かな」
と思っていた通り
スマホ画像を先生に見て頂いて
回虫と確定。

そして、駆虫薬を
処方してもらうことに
なりました。

お家で飲ませてもいいですし、
この場で飲ませてもいいですし、
どちらでもいいですよ〜
と先生は明るく仰いましたが
子猫の点鼻薬と点眼薬は
したことはありますが

1.jpg

保護猫 シンハ
(アメショーMixの女子)


2.jpg


クライアントさんが
里親さんになってくれました。

ご家族皆さん、
沢山の愛を日々あげてくれました。



猫にお薬を飲ませるのは
経験がないので
勿論、その場で先生にお任せ!

まず体重を計って
服用する量を決定。

フォルンは
4.18kgくらいだったので
1.5錠。

ノルンは3.8kgくらいで
1錠。

(さらっと書きましたが
なかなかの重量。
そして総重量が
ムウより重たいことが発覚!)


それから先生が
フォルンのお口を
パカっと開けさせて
駆虫薬を奥の方にしっかり
えーいっと入れたら
すかさず、
お口クローズ。

ほほぅ、なるほど
と間近で見学する私。
(でも今後もきっと、
やるつもりはない)


そして少ししてから
お口のサイドの隙間から
お水を入れて
飲み込ませる。

続けて先生が
「このお薬は
食べ物と一緒に入れると
吸収がいいので
ちょっと食べさせますね」
と言って、
缶詰をオープン。

おお〜、ムウなら
大喜びするところです。

一口〜二口分くらい
先生が指先にフードを取り、
フォルンの口を再び開けて
「はい〜、
食べてね〜」
と、中に入れましたが
全く食べる気がなく
ポロポロっとお口から
診察台にこぼれていく、、。

「あー、お薬飲まされた後じゃ
食べる気分じゃないかぁ(笑)」
と先生に明るく言われつつ
再挑戦。

犬っぽい性質のフォルンなので
再度、口にフードを入れられると
うっかりモグモグ。

そして普通に
飲み込んでいました。

無事に終わってから
先生がすっごい慈愛の微笑みを
浮かべながら
フォルンの背中を
優し〜く撫でて
くれました。

そしてとっても優しい声で
語りかけたのです。


「フォルンちゃ〜ん、
沢山、
虫が出ると
いいね〜!」


先生〜!
先生〜!!

そんな無邪気な感じで!?

チューリップの球根植えて
「沢山咲くといいね」
みたいな!?

虫ですから、虫!


先生の少女のような純粋さに
つい笑ってしまいました(あはは♪

とても可愛らしくて
人にもペットさんにも愛が深く、
でも非常に丹田が強い(?)
この院長先生は
鍼灸の治療も行っていらっしゃって
他所の病院にかかっているコも
口コミで(特に腰痛とか)
受診しに来るくらい
経験と実績のある先生です。


さて、これで
フォルンは終了。

問題はノルン。

体が小さい(=お口が小さい)上に
性質は猫。
(まぁ、それで
当たり前なんですが)

お薬飲むのも
ちょっと大変で。

先生が
「ああー、
飲み込む前に
シュワシュワしてきたな」
と言いながら
手早くお水とともに
飲み込ませて。

そして
次にフードを
口に入れようとすると
スタッフさんに押さえられているのに
ノルンが力一杯抵抗して
頭や体を動かしたので
ノルンの鼻先や
首にポロポロと
フードの破片が
くっつく始末。

それでも
どうにかこうにか
最後はフードも食べられて
ノルンも終了。


私はドキドキでしたが
診察台から
飛び降りようとか
噛む、引っ掻く素ぶりは
ゼロだったので。

きっと”良いコ”の部類でしょう。


1.jpg

ムウはやさぐれ時代があったので
最初は五人がかりで処置。
そして勿論、
魔法の口輪を着用。

*『口輪って、
本当は外れちゃうんですよねぇ。
あれはまぁ魔法なんですよ、魔法。』
と先生。
確かに、ムウは途中で
何度か魔法が解けました(汗


ムウの時もそうでしたが
今回のノルン、フォルンの時も
投薬する時の
先生の反射神経は
素晴らしいものでした!


ところで
この日に処方&服用したお薬は
ドロンタールという
お薬でした。

インターネット上でも
入手は出来ますが
一錠ずつではないので
結果、出費が大きくなる、
ということと、
しっかり効果が出る薬なので
先生の診察のもとで
処方して頂いて服用するのが
安全で、そして金銭的にも
負担が少なくて良いと思います。


お腹の中にいる寄生虫が
とても多かった場合、
(胃のあたりまで
上がってくる虫がいれば)
駆虫薬を飲んだ後に
口からも吐くこともある、
(下からも出る)
とのこと。

その場合の対応なども
含めて考えれば
やはり『専門家』として
信頼できる&普段から
お世話になっている獣医さんに
相談、判断するのが
安心安全。


今回の診察&処置で
とりあえず駆虫は出来るはず。

そして
外に出す猫ではないので
大丈夫だろう、
とのこと。

もし心配なら数ヶ月後、
それぞれのウンチを持参すれば
検査してくださるそうです。


お外に出るコ、
庭先に野良さんが来るお家など、
環境によって
対応&警戒レベルも
違いそうですね。


さて、病院からの帰り道は
時々ニャーニャー言う声が
バッグから聞こえてきましたが
帰宅してバッグから出すと
5.jpg

さっき、これに
入れられてたよね???


アナタ達、
実は結構余裕があるんじゃない?


とはいえ、
駆虫薬を飲んだ後なので
私も外出は
お買い物すら控えて
ひたすら自宅滞在し、
時々観察して異変がないか
見守っていました。

ただ椅子に座っているのも
何なので〜。
(本当は
やらなきゃいけないことが
絶対にあるはず)

じゃあ、せっかくだから
この機会に
アレに挑戦しようかな。

宇宙ネイル。

1.jpg

2.jpg

翌日は
お仕事予定だったので
この後、除光液で落としましたケド。



ノルンとフォルンは、
この日も、その次の日も
多少元気はなかったものの
吐くこともなく。

大人し目でしたが
ほぼ通常通りに
過ごしていました。


たまたま
タイミングだったからだと
思いますが
病院から帰って
二時間後にフォルンが
トイレに行き
ウンチ。


うわ!
もう出たァー!!!!


驚きです〜〜。

最初に目撃した
新鮮な”うっかり出ちゃった虫”とは違い
鮮度の低い感じの
不透明なやつが
螺旋を描いて。

そういうものが
いくつか出てました (ドキドキ

『出す』んじゃなくて
『駆逐』するんだねぇ (ブルブル

そして二時間で
もう死んでるんだね。。


ノルンは
翌日に出てました。

見えないけど
卵もきっとあるんでしょうね、、?


回虫のいるウンチを
直接、舐めたり食べたりすることがなければ
再度の感染については
心配しなくて大丈夫です、
と先生は仰っていました。

もし可能性があるなら
猫トイレの始末は
さっさとするに限りますね。

あ、勿論虫のことだけではなく
健康のために、
ウンチやオシッコの
タイミングや量、
匂いなど、
色々と変化に気づけるよう
こまめにするのが
一番だと思います。


今回も目一杯、
虫について
書いちゃったので
最後に、
駆虫して二日後の夜、
晩御飯を食べて
少ししてからの
ノルンとフォルンの様子を
画像とともに。

1.jpg

フォルン;お腹が空いたー!



えー!?
本当に?

さっきから
ニャーニャー言ってたけどねぇ。
お腹が空いたのね?

さっき食べていたような
気がするんだけど。
ねぇ、本当に空いたの?

(最近、フォルンは
お腹が空いた!、と
主張する時は
台所近くに移動します)


ノルンは〜?

ノルンもお腹すいた〜?

・・あれ?
ノルンが見当たらない。

どこだろ?
(キョロキョロ)


2.jpg

でろーん



ぎゃー!!!


机と椅子の間に
落っこちている!?


6.jpg

スゥ、、スゥ、、



・・目を開けて
寝てました。

目は閉じてよっ!

何事かと思って
びっくりしたわっ。


寝方だけは
ノルンの方が犬っぽく
時々、ヘソ天してます。





今回も最後まで
お付き合いくださり
ありがとうございます!

すべての生きとし生けるもの
すべてのエネルギーが
輝きと美を表現し、
尊重しあう
愛と調和の中にいますように。

Everything is fine.

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

ペットさんとご家族の橋渡し
『アニマル・コミュニケーション(AC)』
50分/5,000円

スカイプ(音声のみ)
行います。

『AC』の詳細はこちら☆

 ===========
お申し込みフォーム
 ===========

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

『ヒーリングスペースレイカ』
posted by 玲樺(れいか) at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの健康、癒し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179864637

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ