2017年06月24日

迷子のペットさん保護した話&リード情報

<お知らせ>

♬イベント出展♬
12月のイベント出展を
調整中です。

♬スピリチュアル・レッスン♬
基礎クラス(全2回)
*お二人以上、ご希望の方が
集まった時点で開催。
*ご参加希望の方は
まずはエントリーをどうぞ。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

こんにちは、玲樺です。
ご訪問、ありがとうございます♬

さて、梅雨の先は夏。

にわか雨で
雷が鳴ったり
お祭りや花火大会、
コンサートなどで、
大きな音がしたり。

ということで
この季節、
つい気になるのが
ペットさんの迷子。

*熱中症や
道路が熱いのに
ワンちゃんを
お散歩させている飼い主さんも
もちろん気になります〜。

どれにしたって
毎年これらについては
気になってしまっていますケド。

腰痛注意の時期と同じで、
ムウのお陰で、
すっかり身に付いて
しまっているようです(笑

春先、暖かくなってきて
『網戸シーズン到来』で
脱走しちゃうのに続き、

『音にびっくりして
パニックになって逃走』
というパターン。

本当に多いそうです。
(かかりつけの
動物病院の先生談)

普段なら
飛び越えないor飛び越えられない高さを
パニックで
思わず『底力』発揮して
がむしゃらに飛んだり、
または壊したりして、、。

『普段なら大丈夫』
ということが
そのままイコールで
どんな時でも大丈夫、
とは限りません。

以前の出来事ですが、
真夏の夜に、
ムウの散歩をしていたら
真っ暗な中を
ガリガリと不気味な音を
立てている何かを
発見しました。

ナニ?ナニ?
と恐ろしく思いつつも
恐る恐る、その音のする方に
近づいてみたら、、

猫さん
(=ちょっと大きい
洋猫さん)が
フリーで歩いていらっしゃる〜!

首に大きくて
透明のエリザベス・カラーつけてるし!!
(これが地面に擦れて
ガリガリいっていたのです〜)

このエリカラには
動物病院の名前と電話番号が
書いてありました。
うちのかかりつけ病院とは
違う病院です。


この光景には
本当に驚きました。

もしかしてもしかすると
ご家族がちょっと猫さんを出して
お散歩させているのかな!?
と想像してみて、
周りを見てみましたが
近くには誰も居ない。

とりあえず
旦那さんに猫を保護してもらい
(幸い、すぐに捕まえられて、
スムーズに抱っこも
出来ました)

少し離れたところに
花火しているご家族が
いましたが
尋ねてみても
『他に人は見かけなかった』、
という、、。

それどころか
花火に夢中で
猫さんにすら
気づいていなかったらしい。

お外に出す猫さんだったとしても
さすがに
カラー着けているコは
出さないでしょうね!?


しかも、どうやら
目が見えていないようで。

結構な老猫さんに見えます。

道路脇、
私有地(畑)の周囲に
張られている
大きな網目のネットに
この猫さんは接していて、
そして、
その私有地の奥の方へ向かって
ゆっくりでしたが
やみくもに動いていました。


奥へ入り込んでしまったり
ネットに絡まったりしていなくて
本当に良かった!

住宅街の中、
道路際の場所でしたが
もし、ネットの隙間から
畑に入りこんでしまい、
その敷地の奥の方で
延々と壁にぶつかっていたり
人目に触れないようなところで
止まってしまうようなことに
なっていたら。

真夏でもありましたし、
そのままそこで
亡くなっていたかも
しれません。


幸いなことに
飼い主さんがちゃんと
猫ちゃんのカラー(首輪)に
名前と電話番号を書いていたので
電話で連絡することが出来ました。

が、
電話をしたものの
ご連絡がとれず。

2回ほど掛けたものの
出られなかったので
留守電に
猫ちゃんを保護している旨、
メッセージで残しました。

いつ来るか分からない
飼い主さんからの
折り返し電話を待って
そのまま外に
居続けるわけにもいかず、
我が家まで猫さん抱っこで
ムウには「このまままっすぐ
お家に帰るからね?」と
説明をして、移動し
家でお水を出してみたり、
ちょっと撫でたり
話しかけたりしながら
不安な猫さんには
少し待機して頂きました。

この日、たまたまでしたが
旦那さんも一緒に
ムウの夜散歩に出ていて
本当に良かったです。

ムウは猫に大興奮しますし
私は猫アレルギーだし、
そして、なかなかに
大きな体格の猫ちゃんなので
保護して抱っこしながら
ムウを連れて歩くって、
絶対に無理、、。

猫ちゃん
本当にラッキー!


旦那さんが抱っこ移動している時、
猫さんは、
ひしっ!と
全力でしがみついて居ました。

旦那さんは、
うーん、重い〜
結構重い〜
と歩きながら
呻いていましたが(笑

知らないオッさんに
必死にしがみつくなんて
よほど、
心細かったんでしょうね。

旦那さんのシャツに
爪で開いた穴が
複数出来ていました(笑


結局、この日のうちに
折り返しご連絡があり
お届けすることが出来ました。

この猫さんの
お家の方によりますと
夏ということで
『普段なら
そんなことはない』のですが
人の出入りが増えて、
ドアが開きっぱなしの時間も
あったようで、、

運悪く、
ドアが開いているタイミングで
外に出てしまったようです。

猫さん自身、
外に出ようと思って
出たわけではないだろう
と思います。

あの猫さんが
もし誰にも見つけて
貰えなかったら、、

住宅街の中の
暗い道ですが
もし車や自転車などが
スピードを出して通っていたら、、

本当にゾッとします。

『ペットさんの安全のために』と
お家のルールを決めても
お客様が複数いらっしゃるとか、
小さいお子さんがいるお家や
ちょっとした
ウッカリや気の緩みなど
まったく予想していなかったような
アクシデント発生の可能性は
ゼロではありません。

ゼロにするのは
とても難しいですが、
それでも
少しでもゼロに近づけていくように
日頃から
「どんなリスクの可能性があるのか」、
想像してみるのも
オススメです♬


ちなみに
ムウも何度かうっかり
外に出てしまったことが
あります。
全然、自慢にならないですけど。


ピンポンしないで
突然、玄関を開けた
クライアントさんが
いらっしゃったり。

遊びに来て居た妹が
帰ろうとして
玄関を開けた時、
ムウは室内リードを付けて居たのに
金属のリングが
外れてしまって
一緒に外に出てしまったり。

(妹がその場で
機転を利かせて
はしゃぎモードのムウに向かって
「ムウ〜♬」と
いかにも楽しそうな声を掛け、
家の玄関へ向かって
走る振りを見せたら
つられて家へと
走り込みました。)

一番最初の頃、
まだハーネス装着をしておらず、
カラーにリードを付けていたのですが
何かの拍子に
首輪から頭が抜け、、、。

お散歩中、
私が振り返って見てみたら
数メートル離れたところに
ごく自然な感じで
「ん?」って感じで
ムウが立って居たことも。

オヤツの入っている箱を振ったら
一瞬で私のところへ
戻って来ました。
食い意地が張っていて
良かった〜!と思った
貴重な瞬間の一つです。


なお、ワンちゃんの健康のためにも
カラーは首ではなく
ハーネスに装着すること、
そして
伸び縮みするリードではないものを
お勧めします。
(フレキシブルは
安全のために
定期的な買い替えが必要で
環境に優しく無いし、、)

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜


さて、

以前ブログにも書きました、
ザッシュ一族サマ主催の
「AC祭り@浦和」で、

ACを体験して下さった方が
とっても素敵なグッズを
お使いだったので
それについて
教えて頂きました!


ブログでご紹介するのが
すっかり遅くなってしまいました、、。


持ち手部分に
手を通して親指を入れ、
軽く握る、
という仕様。

トレッキングや
ジョギング用のリード、
(フィンランド;フルッタ製)
ということなのですが
普通のお散歩でも
しっかり手に握れて
負担も少なく、
とても楽チンそうです。



ちなみに
ムウのお散歩で
活躍してくれたのは
6通りの使い方が出来る
ヴァリオ6
(オーストラリア;イージードッグ製)で
肩から掛けることが出来たり、
広いところではリードを長く、
人混みでは短く、、と
楽々変えることが出来ます。



7.2kgのムウが
『病院やんやん』で
暴れても

大丈夫でした〜♬


どちらのメーカーさんの製品も
本気(人間用)の素材を
使っていまして、
とても丈夫です。


お散歩中に転んだり
自転車にぶつかったり
貧血や目眩など、
外で普段とは違うことが発生した時、
手を離してしまう可能性があります。

私自身の体験ですが、
自分がちょっと調子が悪くても
病み上がりでも
お散歩に出ることがあったり、
また、一時期
指先が痺れたこともありまして、
ショルダーで掛けるように
変えられるリードは
とても安心出来ました。

*指先の痺れは
おそらくリードを操作、制御する為に
いつも使って居た箇所で
それが原因ではないかと思います。

病院へ行ったら
念のために、、と
首のレントゲンも撮りましたが、
結果的には首には異常なく
B12で神経を回復させると
治りました〜!
一ヶ月くらいは
かかります。


また、自分の年齢のことも考え、
「もしお散歩中に
突然倒れてしまったり
車と接触した拍子に
リードが手から離れてしまったら
ムウはどうなるんだろう?」
と思うことも、ありました。

ちなみに
もしお散歩中に
救急車で飼い主さんが
運ばれた場合
ワンちゃんは、
一緒に連れていって
もらえないそうです。

何か良い解決方法が
あるといいですねぇ。

あ、ペットさんの
里親さん探しの
活動をされている
『ココニャン一家』さん
では
色々なチャリディグッズを
販売されていまして。

肩掛けリードストラップ、
肩掛けY字リードも
ありました。


ご興味ございましたら
そちらもご覧になってみて
くださいね。


室内飼いのコ、
お散歩に出るコ、
それぞれ環境も条件も違います、

絶対、100%、
というのは
なかなか難しいですが
飼い主さんによる
色々な対策、予防が
必要ですね。



今回も最後まで
お付き合いくださり
ありがとうございます!

すべての生きとし生けるもの
すべてのエネルギーが
輝きと美を表現し、
尊重しあう
愛と調和の中にいますように。

Everything is fine.

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

ペットさんとご家族の橋渡し
『アニマル・コミュニケーション(AC)』
50分/5,000円

スカイプ(音声のみ)
行います。

『AC』の詳細はこちら☆

 ===========
お申し込みフォーム
 ===========

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

『ヒーリングスペースレイカ』
posted by 玲樺(れいか) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの健康、癒し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181234031

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
カテゴリ