2010年08月14日

毎日の耳のケアをムウが好きな理由

ムウが、
耳のケアを好きな理由、
これまでにブログをご覧下さった方は
もうすぐにお分かりかと思いますが
終わってからのご褒美、
おやつでーす!

覚えよう、
という気持ちがなくても
覚えてしまうみたいですね。

綿棒やコットンパフを
私が出しただけで
私の足下にピットイン(?)
してきます☆


$センター経由、笑顔行き-20100814_1

(わーい、わーい)

まだ綿棒出しただけなのに
もう、終わってからのオヤツしか
頭にないのでは…


なーんて、
思いながらも
デジカメ撮影していると、
ムウお得意のポーズが出ました。


$センター経由、笑顔行き-20100814_2

(早く…。

オヤツが
欲しいんですヨ…)


はいはい、
やります、
やりますよってば。


$センター経由、笑顔行き-20100814_3

(再度、ピットイン)


オスワリする時もそうですが
こちらに背中を向けるのが
ムウの癖(…たぶん)

飼い主との信頼関係がないと
こちらを向いて座らない、、
ということも聞いたのですが。

でも、お散歩中に怯えた時でも
室内で撫でてほしいと寄ってくる時でも
こちらに背中を向けます。


撫でる時はいいのですが
耳のケアをする時も、ブラッシングをする時も
背中どーん、です。


耳の中に、
薬液の染み込んだコットンパフを入れられても
なぜか私の目を見つめている。。

本当に不思議な犬です



で、ケアが終わったところで
熱く見つめるのポーズ☆



$センター経由、笑顔行き-20100814_4

(終わったらアレですよね、アレ!)


ええ、アレですよ、
小さくちぎった
ジャーキー
ですよ。


ご褒美とはいえ、
オスワリ、マテは必須訓練。


$センター経由、笑顔行き-20100814_5

(まだかなー)


すっごい良い子で待てる時がほとんどです。
が、
気分が乗らないのか、お腹が空いているのか
とても稀に、食い逃げすることも〜


まぁ、最初に比べたら
この三ヶ月で随分と良くなりました、たぶん。
多くのアクシデントと
失敗の成果です、ほんと


あとは、
お客さんを歓迎しすぎるところとか
宅配のトラック&ピンポンに
過剰反応するところとか、
良い方法を見つけて
学んでもらわねばー、です☆


$センター経由、笑顔行き-20100814_6


(何をブツクサ言っているのか
知らないけど
とにかく早く頂戴ってば…)


今日はひたすら、
じーーっと待てるムウでした。


posted by 玲樺(れいか) at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 外耳炎
検索ボックス
 
カテゴリ